PowerShell Core 6.0がリリース – Windows、macOS、Linuxで動作するオープンソース版PowerShell

S 20180112 94956

Microsoftは10日(現地時間)、オープンソース版のPowerShell「PowerShell Core 6.0」をリリースしました(公式ブログMSPoweruser)。現在Windows、macOS、Linux用のバイナリをGitHubのリリースページよりダウンロードすることができます。

オリジナル版のPowerShellは.NET Frameworkを利用して作成されたWindows専用ツールでしたが、PowerShell Coreはクロスプラットフォームの.NET Coreを利用して作成されているためWindowsのほか、macOSやLinuxでも動作します。

PowerShell CoreはWindows環境では「pwsh.exe」、macOSとLinuxでは「pwsh」により起動可能で、以下の環境をサポートしています。

  • Windows 7, 8.1, and 10
  • Windows Server 2008 R2, 2012 R2, 2016
  • Windows Server Semi-Annual Channel
  • Ubuntu 14.04, 16.04, and 17.04
  • Debian 8.7+, and 9
  • CentOS 7
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • OpenSUSE 42.2
  • Fedora 25, 26
  • macOS 10.12+

なおWindows版のインストール方法はこちら、macOSとLinux版のインストール方法はこちらから確認可能です。macOSの場合Homebrewを利用してインストールすることができます。

brew cask install powershell
brew update
brew cask reinstall powershell

スポンサーリンク