【速報】Windows互換のオープンソースOS「ReactOS 0.4.0」正式版がリリース

NewImage

Windows互換を目指し開発されているオープンソースOS「ReactOS」の最新版v0.4.0が2月16日にリリースされました(アナウンスPhoronix)。現在公式サイトよりインストール用のBootCDとインストールせずに実行可能なLiveCDのISOイメージをダウンロードすることができます。

ReactOS 0.4.0は0.3.17リリース後以来1年以上かけて開発が続けられてきたReactOSの新バージョンです。昨年末の0.4.0 RCリリース以来、正式版の公開が待たれていました。主な新機能として以下の項目があげられています。

ユーザー視点:

  • ext2リードライトとNTFSのリードサポート
  • 新しいエクスプローラーのシェルとテーマのサポート
  • SATAサポート
  • USBサポート
  • VirtualBoxとVirtualPCのサポート
  • 無線ネットワーク

開発者視点:

  • CMakeがGCCとMSVCコンパイルをサポート
  • コンパイルタイムが顕著に改良
  • カーネルデバッギングのためのGDBリモートデバッギングインターフェイス
  • WinDBGのサポート

各機能の詳細は先ほどのアナウンスおよびChangeLogに掲載されています。

なお0.4.0 RCを実際にインストールしてみた記事はこちらです。

Windows互換を目指すオープンソースのオペレーティングシステム「ReactOS」。メジャーなオープンソースOSといえばUNIX系が大半を占めるなか、特異な存在として異彩を放
ReactOS https://reactos.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/34-reactos

スポンサーリンク