Ruby 2.5.0-rc1がリリース – Ruby 2.5.0初のリリース候補

Ruby 2

Ruby開発プロジェクトは12月14日、Ruby 2.5.0系初のリリース候補となる「Ruby 2.5.0-rc1」を公開しました(ruby-lang.org)。

Ruby 2.5.0はRubyのメジャーバージョンアップ版としてパフォーマンスが改善されるとともに、以下に示すいくつかの新機能が搭載されています。

  • STDERRが変更されておらずttyの場合はバックトレースとエラーメッセージが逆順で表示される
  • トップレベルの定数検索の削除
  • do/endブロック内のrescue/else/ensureの許可
  • yield_selfの導入

また2.4からの注目すべき変更点としては、Onigmo 6.1.1のマージやbundlerの標準ライブラリとしての採用、rubygems-2.6.13やrdoc-6.0.0.betaへの更新、Unicode 10.0.0のサポートなどがあげられています。

その他詳細はNEWSファイルなどで確認することもできます。

S 20171216 92658

▲画面で表示されているエラーは2.5.0で標準ライブラリとなったbundlerを別途インストールしようとしたためで、本体は問題無くビルドできました。

Pc タイトル Ruby
公式サイト http://www.ruby-lang.org/ja/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/1964-ruby
説明 オブジェクト指向スクリプト言語。

スポンサーリンク