Apple、Safari Technology Preview 28をリリース - 消費電力効率&パフォーマンスが改善

シェアする

NewImage

Apple本日、開発者に対し「Safari Technology Preview」の最新版であるRelease 28をリリースしました(MacRumors)。

Safari Technology Previewは、Safariに将来的に導入される機能の早期の評価を目的として公開されているソフトウェアで、既存のプレビュー版をインストール済みの場合、Mac App Store経由で最新版にアップデートできます。

Release 28ではCSS、JavaScript、Web API、Webインスペクタ、WebDriver、アクセシビリティ、メディア、レンダリング、WebCrypto、セキュリティ、AppleScriptなど多方面にわたる不具合の修正や改良が行われています。

また今回のリリースでは、消費電力の消費を抑えることができる、以下にあげるいくつかの改善が行われているのも注目です。

- Changed to pause silent WebAudio rendering in background tabs
- Changed to pause animated SVG images on pages loaded in the background
- Changed to make inaudible background tabs become eligible for memory kill after 8 minutes
- Changed to kill any WebContent process using over 16 GB of memory
- DOM Timers are now throttled to 30fps and aligned in cross-origin iframes
- requestAnimationFrame callbacks are now throttled to 30fps and aligned in cross-origin iframes

不要なバックグラウンドタブのアクティビティを抑えて、電力消費を抑えるのは、最近のWebブラウザのトレンドとなっています。Safariでも、ChromeやEdgeなどと同様に消費電力が押さえられ、バッテリー駆動時間が伸びることが期待できそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする