「Subversion 1.8」、「TortoiseSVN 1.8.0」キタ━(゚∀゚)━!【追記あり】

シェアする

Apache Subversion

Apacheより「Subversion 1.8」がリリースされました(MLアナウンスリリースノートChanges)。

2011年にリリースされたバージョン1.7以来ひさびさのメジャーバージョンアップとなります。最近はGitの勢いが凄いのですが、きちんと更新され続けていることで安心したSubversion派も多いことでしょう。

変更点に関しては、SOURCEFORGE.JP Magazineにすでにまとめられています。

  • svn moveが、copyとdeleteの組み合わせから単一のコマンドとして処理されるようになった。
  • ブランチのマージ時にreintegrate mergeが自動的に行われるようになった。
  • 作業コピーのフォーマットが変更(以前のものは自動で更新されるらしい)。
  • その他コマンド出力の改善。

などなど。

またこれに合わせてWindows用GUIクライアント「TortoiseSVN 1.8.0」もリリースされています(リリースノート)。

個人的には最近Gitを使い始めたのですが、Subversionの分かりやすさは捨てがたいなと思ったりしてます。

追記

slashdot日本版のストーリー「Subversion 1.8リリース、まだまだSVNは死なない」によると、オフラインでコミットできるようになる「checkpoints」と呼ばれる機能が実装中とのこと(まだ使えないかもしれないけど)。これが実装されたらSubversionの追い上げがあるかも。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする