開発者のSwift離れ?Xamarinの存在が影響か

シェアする

S 20171117 94826

WWDC 2014で発表され大きな話題を集めたAppleのプログラミング言語「Swift」。プログラミング言語の人気ランキングでも急成長言語として注目を集めていましたが、TIOBE Indexの2017年11月分ではその風向きが変わってしまったようです(InfoWorld)。

以下の表からも分かる通り、Swiftのランキングは2016年11月には12位だったのに対し、2017年11月は20位と大きく順位を下げています。

Capture 1

Swift人気低下の原因として、最近まではAndroidアプリはJavaで、iOSアプリはSwiftやObjective-Cを使って開発するのが普通だったものの、C#(Xamarin)や、JavaScript(Apache CordovaやIonic)を利用したマルチプラットフォーム開発が可能になったことで状況が変わってきているのではないかとの分析が行われています。

Capture1 1

またSwiftの用途がほぼiOS/Macアプリ開発専用で、他の用途では用いられていないことも指摘されています。

ただし別の人気ランキングPYPL PopularitY of Programming Language IndexではSwiftはいまだに10位を維持しています。

S 20171117 100635

TIOBE Indexだけで判断するのは危険かもしれませんが、今後Swiftの巻き返しがあるのかどうか注目です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする