Apple、SwiftをオープンソースプロジェクトとしてGitHubで公開

S 2015 12 04 9 44 53

Appleは本日、プログラミング言語「Swift」をオープンソースプロジェクトとして正式に公開しました(Apple Press InfoMacRumors9to5Mac)。

SwiftのソースコードはGitHubで公開され、ライセンスはApache 2.0オープンソースライセンスが採用されています(ランタイムライブラリは除外)。

オープンソース化されたコンポーネントには、Swiftのコンパイラやデバッガはもちろん、標準ライブラリやFoundationライブラリ、パッケージマネージャやREPLまで含まれています。

iOSやMac用アプリの開発用言語として着実に利用者が増加しているSwift言語ですが、オープンソース化によってLinuxなど他のプラットフォームでの利用も増加していくことになるのか注目を集めそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする