「tmux 2.1」がリリース - mouseオプションが統合される

シェアする

S 2015 10 20 0 27 58

ターミナルマルチプレクサ「tmux」の最新版「tmux 2.1」が10月18日(現地時間)リリースされました(アナウンスCHANGES)。現在公式サイトより最新版tmux 2.1のソースコードをダウンロードすることができます。

NewImage

最新版2.1の非互換的変更点として、mouse-modeが書き直され、mouse-resize-pane、mouse-select-pane、mouse-select-window、mode-mouseがmouseオプションに置き換えられたこと、default-terminalがセッションオプションとなったこと、c0-*オプションが削除されたことなどが取り上げられています。

またそれ以外の変更として、session_activity、window_linked、window_activity_format、session_alerts、session_last_attached、client_pid、pidに対する新しいフォーマットの導入や、copy-selection、append-selection、start-named-buffer'に対する-xフラグの追加(既存のコピーモードを防ぐ)、select-paneに対する-Pオプションの追加(ウィンドウ/ペインのバックグランドカラーを設定)など、多くの変更点がリストアップされています。詳細はCHANGESを参照してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする