Tower for Windows正式版が公開 - Mac版も有名な高機能なGitクライアント

シェアする

S 20161117 104040

多機能Gitクライアント「Tower for Windows」の正式版v1.0が11月15日にリリースされました(公式ブログMSPoweruser)。正式版の価格は79ドル。現在公式サイトより30日間試用可能なトライアル版をダウンロードすることもできます。

Towerは先行して公開されていたMac版が人気のGit GUIクライアント。Windows版はここ最近パブリックベータを公開して開発が行われおり、正式版の公開が待たれていました。

S 20161117 104020

Tower for Windowsは完全なネイティブ体験を実現するために、216,724行のC#コードによって作られた100%ネイティブのWPFアプリあると説明されています。このため単にTower for Macのコピーではなく、Windowsアプリとして最適化されたインターフェイスが採用されています。

GitHub、Bitbucket、GitLab, Visual Studio、Perforce & Beanstalkといったクラウドサービスを直接操作できる「Services Manager」や、Gitユーザーにとって悩ましい問題である「やり直し」と「衝突」問題を解決する「Undo & Conflict Wizard」、フェッチやスタッシュを自動化する「Auto-Fetch, Auto-Stash, Auto-Everything」などの機能によって効率的な開発作業が可能となります。

S icon タイトル Tower for Windows
公式サイト https://www.git-tower.com/windows/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7518-tower-for-windows
説明 高機能なGUI gitクライアント
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする