Twitter for iOS 7.0がリリース - ユーザーインターフェイスが刷新された新バージョン

シェアする

Photo

Twitterは本日、iOS用Twitterアプリの最新版「Twitter for iOS 7.0」をリリースしました。

Twitter for iOSはiOS 9.0以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchに対応したユニバーサルアプリで、App Storeより無料でダウンロードすることができます。

Twitter App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料
TwitterのiOS用公式クライアント。

v7.0には、公式ブログで発表された、新しくなったUIが搭載されています。新しいサイドナビゲーションメニューや、これまでよりも目立つヘッドラインの表示、外部リンクのSafariのアプリ内ビューアーでの表示、アイコンの変更などさまざまな改良が行われいます。

リリースノートは以下の通り:

Twitterの外観が新しくなり、「いま」起きていることや話題のトピックをもっと簡単に確認できるようになります。
- 新しいサイドナビゲーションメニューでは、プロフィール、アカウント、設定、プライバシーすべてにすぐアクセスできます。
- ヘッドラインがより目立つようになり、アプリ全体が丸みを帯びたデザインになったため、重要なことを見分けやすくなりました。
- 記事やウェブサイトのリンクがSafariのアプリ内ビューアーで開くようになりました。細かい管理やサインインしているアカウントの切り替えが簡単になり、読書モードを使うことができます。
- アイコンが新しくなってより直感的になったため、Twitterで起きていることをもっと簡単に見つけて参加できるようになりました。
- 返信、リツイート、いいねがあるとツイートがすぐに更新され、会話をリアルタイムで確認できるようになりました。
- アクセシビリティの設定が目立つ場所に配置されました。[色のコントラストを高める] や [リンクをリーダー表示で開く] など、ウェブサイトの読みやすくするための新しい設定も追加されました。

なおUIの変更はiOS版以外にも、Android版、TweetDeck、Twitter Liteなどにも適用されていくとのこと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする