Twitterのサードパーティ締め出し進行中

Twitter API 1.1より各種使用制限が厳しくなることに関連してかどうか分かりませんが、TwitterのWebアプリから投稿するのに使用したクライアント名の表示が削除されたそうです(ITmedia)。

Twitter社の方針として、サードパーティクライアントを閉め出して自社のクライアントで完結したいということかもしれませんが、当然あちこちで反発が起こっています。例えば

などなど。結局インフラっぽく使われているサービスとはいえ、営利企業が提供しているものなので、企業の方針しだいでどうとでも転ぶ可能性があるということだと思います。App.netみたいな流れもあるし、開発者はぼちぼち乗り換え先を考えているのかな?

個人的には、IRCみたいにオープンなプロトコル、もっと言えばP2Pで動く分散型メッセージングプロトコルが開発されないかな。と思ってます。

スポンサーリンク