Visual Studio Code 1.10が公開 - MinimapやオフィシャルLinuxリポジトリが追加

シェアする

S 20170302 115451

Microsoftは本日、プログラミング向けのコードエディタ「Visual Studio Code」の最新版v1.10をリリースしました。現在、公式サイトより、Windows / macOS / Linux用の実行ファイルをダウンロードすることができます。

v1.10は2017年2回目となるリリースで、多数の新機能が追加されています。

主な新機能は以下の通り。

  • プレビュー: Minimap: コードの概要を一覧することができるMinimap
  • プレビュー: 選択テキストのドラッグ&ドロップ: ドラッグ&ドロップで選択したテキストを移動可能に
  • フォーマット付きコピー: コード例サンプルをシンタックスハイライト付きでコピー
  • JSDocの自動生成: JavaScript、TypeScriptのためのコメントテンプレートを生成
  • File Explorerキーバインド: Explorerとリスト/ツリーUIに対するショートカット
  • オフィシャルLinuxリポジトリ: Linuxパッケージとして自動更新可能に
  • 例外ビューの改良: デバッガで例外の詳細を簡単に表示
  • カラムブレークポイント: 一行に複数のブレークポイントを設定
  • ターミナルリンク: エディタとコマンドラインの間のワークフローを改良
  • タスク用キーバインド: タスクにショートカットを割り当て
  • HTML DOMナビゲーション: idとclass名を使ってDOMをナビゲート
  • 言語ごとのデフォルト設定: Go、Make、YAML、Markdownの適切な設定

この中で、注目の機能はLinuxのオフィシャルリポジトリのサポートです。

現在DebianベースのディストリビューションではStableとInsiderビルドが、Red HatベースのディストリビューションではStableビルドが利用可能です。それぞれaptやyumといったパッケージを利用して最新版のVisual Studio Codeが利用できることになります。導入方法は「Running VS Code on Linux」にて説明されています。

1 10 apt repo

その他、各機能の詳細はリリースノートでご確認ください。

I screenshot1 タイトル Visual Studio Code
公式サイト https://code.visualstudio.com/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/6971-visual-studio-code
説明 MicrosoftによるマルチプラットフォームのWeb/Cloud向けコーディング用エディタ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする