Wine 2.15開発版がリリース - AES暗号化をサポート

シェアする

S 20170821 85403

Wine開発プロジェクトは20日、2週間に1回定期的にリリースされている開発版Wineの最新版v2.15をリリースしました(Phoronix)。現在、最新版ソースコードを、公式サイトよりダウンロードすることができます。

Wine 2.15は、2017年末から2018年初頭の公開を目指して開発が進められている「Wine 3.0」の開発版で、新機能の追加が積極的に行われています。

最新版では、AES暗号化のサポートや、Direct2DのBezierサポートの改良、WinInetのChunked転送の改良、多数の不具合の修正が行われています。

  • Support for AES encryption.
  • Improved Bezier support in Direct2D.
  • Chunked transfer improvements in WinInet.
  • Various bug fixes.

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする