Wine 3.0正式版がリリース - Direct3D 10と11をサポート

S 20180119 91612

Wine開発プロジェクトは18日、「Wine 3.0」の正式版をリリースしました(公式ニュースPhoronixgHacks)。

Wine 3.0は1年間におよぶ開発期間を経てリリースされるWineのメジャーバージョンアップ版で、6,000項目以上の変更点を含んでいます。

主な変更点は以下の通りです。

  • Direct3D 10と11のサポート
  • Direct3Dコマンドストリーム
  • Androidグラフィックドライバー
  • DirectWriteとDirec2Dのサポート改善

Wineプロジェクトは1年に1回定期的にメジャーバージョンアップ版をリリースするシステムを採用しているため、Wine 3.0で積み残された機能がいくつか存在しているとのこと。これにはDirect3D 12やVulkanのサポート、AndroidでDirect3Dを可能とするためのOpenGL ESのサポートが含まれています。

その他変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 安定版
公式サイト http://www.winehq.org/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/2051-wine-stable
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェア。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク