Wine 3.4開発版がリリース - Vulkanサポートが拡大

S 20180318 102327

Wine開発プロジェクトは3月16日(現地時間)、2週間に1回定期的にリリースされている開発版Wineの最新版「Wine 3.4」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

WineはLinuxやMacでWindows用のプログラムを動作させるためのソフトウェアです。開発プロジェクトは現在、来年公開予定のWine 4.0正式版を目指し、開発版のWine 3.x系の公開を続けています。

Wine 3.4では、X11ドライバの統合が行われるなど、前バージョンで導入されたVulkanグラフィックライブラリのサポートが拡充しています。またx86-64特権命令の取り扱いの改善や、RegEditの16進数編集ダイアログの改良、wine-stagingからのパッチのマージ、各種不具合の修正も行われています。

  • More Vulkan support, including integration with the X11 driver.
  • Better handling of privileged instructions on x86-64.
  • Hex edit dialog improvements in RegEdit.
  • Assortment of patches merged from wine-staging.
  • Various bug fixes.

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

また実験的なパッチを導入するWine-Stagingもv3.4が17日に公開され、こちらではMS Office用のアンチエイリアスフォントのサポートや、ゲームのチート禁止プログラム「BattlEye」がクラッシュする問題などが修正されています。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク