Workspace 1.4がリリース - UIの変更や新しいリソースタイプの追加され半額セールも開催中

シェアする

Screenshot 1

Mac用の作業環境再現アプリ「Workspaces」の最新版v1.4が11月22日にリリースされました(公式ブログ)。

Workspaces App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥840 → ¥480 (記事公開時)
アプリやフォルダを一気に開いて作業環境を素早く作成できる生産性向上アプリ(レビュー)。

最新版ではメニューアイコンをクリックしたときに表示される「ワークスペースブラウザ」の見た目の改善がおこなれました。編集ボタンが右上に移動し、ヘッダーが紫色に変更されています。ヘッダーの色は設定の「Purple header」オプションのチェックを外すことで元に戻すことが可能です。

またWebサイト以外のURL(例: mailto)も取り扱うことができる「URL」リソースタイプが追加されています。その他細かな改良や変更も行われています。

Workspacesは、作業に必要なアプリやファイル、フォルダをあらかじめ登録しておき、全てを一気に開くことができるツールです。詳細に関しては以前の記事を参考までに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする