【Tips】macOSを利用してUbuntuのインストールUSBメディアを作成する方法

シェアする

S 20170711 155445

macOSを利用して、Ubuntuインストール用のUSBメディアを作成する方法を作成します。

UbuntuをはじめとしたLinuxディストリビューションでは、ISOファイルが提供されている事が多く、インストール用のDVD-RやCD-Rを簡単に作成することができます。しかし、最近のマシンではDVDドライブが内蔵されていないものも多く、USBメモリを利用したほうが何かと便利かもしれません。

USBメモリならばDVD-Rと異なり、不要になった場合、またほかの用途に使い回せるメリットもあります。

以下具体的な手順を説明します。

ISOファイルのダウンロード

UbuntuのISOファイルをダウンロードします。日本語環境で使用したいならば、日本語Remix版をダウンロードすれば良いでしょう。

イメージファイルの作成

hdiutilを使用してISOファイルをimgファイルに変換します。

以下macOSのターミナルを起動してコマンドを打ち込みます。

hdiutil convert -format UDRW -o ubuntu ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso

「-O ubuntu」が出力ファイルの指定です。この場合ubuntu.dmgが作成されます。

USBメモリへの書き込み

まずUSBメモリのディスク番号を確認します。

diskutil list

/dev/disk0/dev/disk1/dev/disk2のようにディスク一覧が表示されると思います。

Diskutil

15.5GBという容量から、この場合/dev/disk1がUSBメモリだと分かります。

確認できたらアンマウントしておきます。

diskutil unmountDisk /dev/disk1

最後にddコマンドを指定してUSBメモリに書き込みます。

sudo dd if=ubuntu.dmg of=/dev/rdisk1 bs=1m

if=」の後の「ubuntu.dmg」が作成したイメージ名、「of=」の後の「/dev/rdisk1」がディスク指定となります。USBメモリが/dev/disk1だった場合of=/dev/rdisk1に、/dev/disk2だった場合、of=/dev/rdisk2となるわけです。

diskとrdiskは同じディスクを指していて、ddのようにシーケンシャルな読み書きを実行する場合rdiskによる指定の方が高速に動作することが期待できます。

S 20170711 164144

書き込みが終了すると「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした」と表示されます。「取り出す」をクリックして終了です。

まとめ

今回説明した方法はUbuntu以外でも使用できます。macOSを利用してUbuntuや各種LinuxのインストールUSBメディアを作成したい場合は、試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする