【Tips】iOS 10パブリックベータからiOS 9にダウングレードする方法

Ios10 and macos

現在Appleが2016年秋の正式リリースに向けて絶賛公開中のiOS 10。誰でも無料で参加できるApple Beta Software Programも行われており、ベータ版のiOS 10をiPhoneやiPadにインストールしている方も多いでしょう。

とはいえベータ版は、しかたがない事とはいえ安定性の面では正式版には劣ります。一端iOS 10をインストールして気が済んだという方もいるかもしれません。

本日はこのような方のために、iOS 10ベータからiOS 9正式版にダウングレードする方法を説明します。

復元モードでリカバリ

ベータ版から現行の正式版iOSに復元する方法は、公式サイトで丁寧に解説されています。

今回はこの手順に従います。

iTunesが最新版であることを確認します。Windowsの場合はiTunesの更新を確認メニューで、Macの場合はMac App StoreでiTunesの最新版がリリースされていないかどうか確認しておきましょう。「iPhoneを探す」は無効にしておきます。

iOSデバイスをリカバリモードで復元します。iOSデバイスをPCやMacに接続し、スリープボタンとホームボタンを、以下の画面が表示されるまで押し続けます。

Recovery

アップルマークが表示された後もボタンを押し続けてください。

2016 07 29 135004

▲「…に問題があります」というダイアログが表示されたら「復元」をクリック。

2016 07 29 135032

▲「工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか」というダイアログで「復元と更新」をクリックします。

2016 07 29 141105

▲最後に「このバックアップから復元」で復元したいバックアップを選択すれば完了です。

復元してしまうとOSはもちろんアプリやデータなどもバックアップを作成した際の状態に戻ってしまします。ご注意ください。

まとめ

iOS 10パブリックベータからiOS 9にダウングレードする方法を説明しました。

S 2016 07 29 20 13 15

ちなみにApple Developer Programに登録している開発者ならば、サイトから直接OSファイルをダウンロードしてダウングレードすることもできます。この方法はまたの機会に説明したいと思います。

スポンサーリンク