【Tips】macOSで隠しファイルを表示する方法

シェアする

Finder before

macOSのFinderでは通常、先頭にドットがついたファイルやライブラリフォルダなどの「隠しファイル」は表示されない設定になっています。

Finderに表示される項目が少なくなり見やすくなるメリットがある反面、隠しファイルをFinderで扱いたい場合に不便な場合がでてくるのも確かです。

今回はFinderやファイル選択ダイアログで、これら隠しファイルを素早く表示する方法を説明したいと思います。

Cmd+Shift+.を利用

Finderで隠しファイルを表示するには、「Cmd+Shift+.」を利用します。

Finder after

macOS Sierraでは、通常のFinderウィンドウのほかファイル選択ダイアログでも利用可能で、上記画像のようにショートカットを押した瞬間に隠しファイルが表示されます。

もう一度押すと表示がもとに戻ります。

設定を変更する

隠しファイルを常に表示するよう設定を変更することもできます。その場合ターミナルを開き以下のコマンドを実行します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
killall Finder

元に戻すには以下のコマンドを実行します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
killall Finder

まとめ

隠しファイルをFinderから操作したい場合にご利用ください。個人的には必要な時だけ表示できるショートカットキーを利用する方法がおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする