【Tips】目から鱗のiPhone/iPadを高速充電する方法

シェアする

IMG 2858

普段常に携帯する可能性が高いiPhoneやiPadはできるだけバッテリーをフルに充電しておきたいもの。とはいえ特にiPadはバッテリー容量が大きいため、短時間で100%まで充電するのは難しくなっています。

そこで本日はこの困った状況を解決する?iOSデバイスを出来るだけ素早く充電するテクニックを説明します。なお、この方法はThe App FactoryiDownloadBlogで紹介されていたものです。

フライトモードにするだけ

iPhoneやiPadを素早く充電する方法はとても簡単で「充電中に機内モードをオンに変更する」というもの(充電が終わったら元に戻すことをお忘れ無く)。

機内モードをオンにするには、画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを呼び出し、左端の飛行機アイコンをタップします。

IMG 2859

または設定画面から機内モードをオンに変更することもできます。

ステータスバーの左端に飛行機アイコンが表示されたら機内モードになっています。この状態で充電します。

充電が高速化される理由について、機内モードをオンにするとWi-FiやBluetooth、セルラー通信などあらゆる通信がオフになるため、通信に使われる余計な電力が充電に回されるためと説明されていました。

iPadだと特に有効らしい

機内モードをオンにするデメリットとして一切の通信機能が使えなくなるため、電話の着信やメッセージの通知などあらゆる連絡を知ることができなくなることがあげられます。

このため日常の連絡用に使っているiPhoneを、無闇に機内モードに設定するのは避けた方が良いかもしれません。

反面バッテリー容量が大きく、通信がしばらく途切れていても不都合が起こりにくいiPadならば使用するメリットが多いテクニックかもしれません。iDownloadBlogでは特に大型のiPad Proで効果の高い方法ではないかと予想しています。

外出前にできるだけiOSデバイスを充電したいときに試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする