【Tips】VMware Fusion上の仮想macOSで快適な日本語切り替えを実現する方法【macOS Sierra対応編】

シェアする

S 20170307 142104

macOS SierraはVMware FusionのゲストOSとしてインストールすることが可能です。

仮想環境上のmacOSは、ほぼリアルマシンと同様に動作しますが、そのままだと「英数」や「無変換」といったキーでIMEをオフにすることができません。

以前紹介したSeilを使う方法は、SeilがmacOS Sierraで動かなくなったので使えませんが、幸いなことにmacOS Sierraに対応しているキーボードユーティリティ「Karabiner-Elements」を利用すれば同じような機能が実現できます。

今回は仮想環境上のmacOS SierraにKarabiner-Elementsをインストールして「英数」キー(MacBook等のJISキーボードの場合)や「無変換」キー(PCのJISキーボードの場合)を使ってIMEをオフにする方法を説明します。

テスト環境

今回は以下の環境でテストしました。

  • Mac: MacBook Pro(JISキーボード)、Mac mini(JISキーボード)
  • ホストOS: macOS Sierra 10.12.3
  • ゲストOS: macOS Sierra 10.12.3
  • 仮想化ソフトウェア: VMware Fusion 8.5.3

「かな」キーや「変換」キーはゲスト環境でも有効でIMEをオンにすることができました。

Karabiner-Elementsの設定

GitHubからkarabiner-elements-latest.dmgをダウンロードしてインストールします。

仮想環境上のmacOSでは「英数」や「無変換」キーが「Caps Lock」キーとして扱われているため、このキーを「英数キー」に変換します(調査方法は後述)。

S 20170307 142139

▲Karabiner-Elementsの設定画面を開き「Simple Modifications」タブで「Add item」をクリックします。From keyに「caps_lock」をTo keyに「英数キー」を指定します。

上記のように設定を追加してください。これだけで完成です。

キーの割り当てを調べるには

ちなみにキーの割り当てを調べるには、Karabiner-Elementsに付属のツールである「Karabiner-EventViewer」を使うと便利です。

S 20170307 142212

▲アプリを起動し、調査したいキーをタイプすると実際にどのようなキーコードが発行されているのか確認することができます。うまくいかない場合このツールを使うと良いでしょう。

まとめ

macOS Sierraを仮想環境として使う場合も、Karabiner-Elementsを使えば「英数」や「無変換」でIMEオフ、「かな」や「変換」でIMEオンという使い慣れたキーバインドが使用できるようになります。

仮想環境上のmacOSを使用する頻度が高く、かつJISキーボードを使用している方は、設定してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする