【Tips】Windows 10 Creators UpdateのISOファイルをダウンロードする方法

シェアする

Windows 10 new hero 800x553

Microsoftは米国時間4月5日より、Windows 10 Creators Updateの提供を開始しました。

Windows 10 Anniversary Updateからアップグレードする場合、更新アシスタントを利用するのが簡単ですが、クリーンインストールしたい場合など、ISOファイルが手元にあれば便利な場合もあると思います。

今回はWindows 10 Creators UpdateのISOファイルをダウンロードする方法を紹介します。

方法1: Windows環境ではメディア作成ツール

Windows環境ではISOファイルを直接ダウンロードすることができません。「Windows 10 のダウンロード」ページからダウンロードできるメディア作成ツールを使用します。

S 20170407 102641

▲「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてMediaCreationTool.exeをダウンロードして実行します。

S 20170407 102821

▲「別のPCのインストールメディアを作成する」を選びます。

S 20170407 102838

▲言語、エディション、アーキテクチャを選びます。「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外すと選べるようになります。

S 20170407 102856

▲「ISOファイル」を選択し「次へ」をクリックするとISOファイルがダウンロードできます。

方法2: 非Windows環境では直接ダウンロード

Mac等のWindows以外の環境では「Windows 10 のダウンロード」ページから直接ISOファイルがダウンロードできます。

S 20170407 103320

▲エディション、言語を選択すると、64bit/32bitのダウンロードリンクが表示されます。

S 20170407 103510

▲ダウンロードリンクは恒久的なものではなく、24時間限定となっていますのでご注意を。

おまけ: Windowsでも直接ダウンロードしたい

Windows環境では普通にはISOファイルをダウンロードできませんが、ユーザーエージェント文字列を変更すれば可能です。

S 20170407 103909

▲Edgeの場合F12キーを押して開発者ツールを表示し、エージェント文字列を例えば「Apple Safari(iPad)」に変更してリロードしましょう。Macの場合と同様にダウンロードリンクが表示されていることがわかると思います。

まとめ

Windowsの大型アップデート「Windows 10 Creators Update」。これを機会にクリーンインストールしたいという方はISOファイルをダウンロードしておくと便利だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする