【Tips】Windows 10からWindows 7/8.1へダウングレードする方法 – 簡単版

2015 11 13 102245

Microsoftが強力に推進しているWindowsの最新バージョン「Windows 10」。

現在7月29日までの期間限定でWindows 7/8.1ユーザーに対する無償アップグレードが提供されていることもあり、ついうっかりアップグレードしてしまった方も多いかもしれません。

本日はWindows 10にアップグレードしたけど、やっぱり前のWindowsに戻したいという方のために、Windows 10からダウングレードする方法を紹介します。

1ヶ月以内ならば簡単

Windows 10にアップグレードしても、1ヶ月以内ならば簡単にダウングレードすることができます(1ヶ月以上たった場合過去のWindowsのバックアップフォルダが削除されるため戻せなくなるようです)。

2016 05 18 203318

スタートメニューから「設定」を起動し、「更新とセキュリティ > 回復」を選択。Windows 7に戻すの下にある「開始する」ボタンをクリックします。

2016 05 18 203354

▲途中いろいろ聞かれますが適当に流して「次へ」ボタンを押していきます。

2016 05 18 203437

▲最後「Windows 7に戻す」ボタンをクリックするとダウグレードが始まります。

2016 05 18 203634

▲復元作業はだいたい10分ぐらいでした。それほど時間はかかりません。

2016 05 18 210343

▲しばらく待つとなつかしのWindows 7が復活しました。

まとめ

Windows 10をダウングレードする方法を説明しました。Windows 7/8.1に戻した後無償アップグレードが提供されている間に再度アップグレードしたくない(あるいはされたくない)という場合、アップグレードを抑制するツールをインストールしておくと良いと思います。

最近行われたWindows Updateによって、Windows 7/8.1ユーザーに対するWindows 10へのアップグレードが半強制的なレベルにまで強化されました。 イ

スポンサーリンク