Awesome ARKit - Apple公式ARフレームワークに備えておきたい開発者必見のリソース集

シェアする

Banner

AppleがiOS 11とともに満を持して投入するARフレームワーク「ARKit」。

AR(Augmented Reality=拡張現実)技術を利用したソフトウェアをiOSで簡単に実現することができる公式フレームワークとして期待を集めています。

本日紹介する「Awesome ARKit」はこのARKitに関連したリソースを集めたリンク集で、現実とデジタルオブジェクトを融合した全く新しいソフトウェアを作成するための、有益な情報が多数含まれています。

リンク集の内容は、ARKitを利用したサンプルプロジェクト、ARKitを解説した記事、その他リソースに大まかに分類されています。

S 20170715 104714

例えばプロジェクトカテゴリには、ARKitとSceneKitを組み合わせ空間上で3D描画を行う「ARBrush」や、平面を検出して溶岩に変換する「ARKit-FloorIsLava」、現実空間にテトリスを重ね併せる「ARTetris」などの興味深いプロジェクトへのリンクが含まれています。

iOS 11は現在ベータ版が公開注の段階ですが、Apple Developer Programに参加した開発者ならば開発者向けベータを利用することが可能です。iOS 11とともにARスタートダッシュを決めたい方は今から準備しておくとよさそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする