楽しいUNIXコマンドを多数紹介する「Fun at the UNIX Terminal」

シェアする

Terminal

UNIX系のOSはターミナルを利用して効率良く作業することができるように設計されていますが、なかにはターミナルを利用した操作がどうしても苦手という方も多いかもしれません。

本日紹介する「Fun at the UNIX Terminal」はそのような方のページ。

米国ユタ大学コンピューターサイエンスの教授John Regehr氏が、多数の楽しいUNIXコマンドと使い方を紹介するブログ記事です。

本来は初めてコンピューターのターミナルに触れる子供達に向けて書かれたためのものとのことですが、ターミナルに苦手感のある方や、常日頃からおもしろいUNIXコマンドを探しているUNIXマニアな方ならば一見の価値がある情報だと思います。

macOSやUbuntuでトライ

同記事はUNIX系OS一般を対象としたものですが、紹介されたコマンドの中には、OSの標準状態では存在しないものも多数含まれていいます。

macOSのHomebrewや、Ubuntuのaptを利用してインストールすることを想定していて、これらを利用している場合は「brew install パッケージ名」「sudo apt install コマンド名」などでインストール可能です。

記事にはtrコマンドを利用したROT13変換の実行といった実用よりの情報も含まれていますが、多くは以下のようなおもしろ系コマンドの紹介となっています。

S 20170413 211323

▲例えば、牛がしゃべる「cowsay」コマンドや、

S 20170413 211724

▲ASCII文字を拡大表示する「figlet」などです。

これ以外にも多数のコマンドが紹介されていますので、詳しくは上記のリンクから辿ってみて下さい。

まとめ

Fun at the UNIX Terminalを参照すれば、各種の歴史ある面白系UNIXコマンドを知ることができます。タイトルにはPart 1とありますので、今後さらにPart 2、Part 3が公開される可能性も高そうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする