「iTunes Match」でiTunesがクラッシュしまくる時の傾向と対策

シェアする

NewImage

先日ついに日本でも始まったAppleの「iTunes Match」。私も早速申し込んだのですが、なかなかセットアップが終わらず困っていました。

2014 05 07 214730

それは、セットアップのステップ2〜ステップ3のあたりで「iTunesがクラッシュしまくる」謎現象が発生してまったく作業が進まなかったからです(iTunes on Windows 7 64bit)

落ちてもセットアップを繰り返していけば、少しずつマッチングが進んでいって、そのうち終わるのかなと期待していたのですが、どうやらその方法だとだめっぽい。

ということで、本日重い腰をあげて、真面目に対策を探してみました。そして、いろいろ試行錯誤した結果、完璧な方法ではありませんが、なんとかセットアップを完了させる方法を見つけることができました。以下その方法を説明したいと思います。

iTunesが落ちる原因は?

結論からいうとはっきりした原因は不明…なんですが、どうやらミュージックライブラリに変な曲ファイルが含まれているとだめっぽい、という説が有力のようです(iTunes iTunes Match crashなどで検索)。

変な曲ファイルと言われても途方にくれてしまいますが、私の突破口になったのは、このフォーラムでのやりとり。最終的に「 I deleted all files longer than an hour」とあります。

どうやら長い音声ファイルがあると駄目らしい。そうえいば、ラジオを録音したファイルがたくさんありました。

一旦ラジオの録音ファイルを退避して成功

ということで「iTunes Media」フォルダから、エクスプローラーを使って、ラジオの録音ファイルを一旦別のフォルダに移動し、iTunes Matchを再度実行しました。すると時間はかかったものの、iTunesは一度も落ちることなく、あっけなく最後まで完了することができました。

まとめ

結局今回は、長すぎる音声ファイルが原因でiTunesが落ちまくっていたようです。曲の長さ以外にも曲のフォーマットが原因で落ちているらしいという情報も見かけましたがはっきりした事は不明。

とりあえず、iTunes Matchの途中でiTunesがクラッシュして困っている人は、怪しそうな曲ファイル(音声ファイル)を、iTunes Mediaフォルダから一旦移動してから、再度マッチング処理を実行することをオススメします。

それにしてもこの不具合にぶちあたっている人は、検索すると結構ひっかかりますが、iTunesのバグではないのでしょうかね。謎です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする