Twitterの140文字制限緩和が正式に発表 - ユーザー名、添付などが除外されることに

シェアする

Twitter

Twitter社は5月24日、ツイートの140文字制限を一部緩和する事を正式に発表しました(Twitterブログ)。今後140文字という基本的な制限は保たれるものの、@ユーザー名や、写真や動画、GIFや投票などの添付物が140文字に含まれないように変更となります。

変更の詳細は以下の通りです。

  • 返信:誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります。
  • 添付:写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート分なども140文字の中に含まれなくなるので、そのぶんテキストを入れられるようになります。
  • 自分のツイートのリツイートや引用:自分のツイートにもリツイートボタンを表示します。これで、自分のツイートのリツイートや引用も簡単に行えるようになります。
  • 「. @ユーザー名」ツイート:誰かに宛てたツイートを他の人にも見て欲しい時、@ユーザー名の前に「.」を入れていらしたと思います。今後は「.」を入れる必要なく、@ユーザー名で始まるツイートは普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになります。

上記の変更は今後数ヶ月の間に順次行われれるとのこと。Twitter APIを利用している開発者の方は期間中に140文字制限の見直しの必要がありそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする