Microsoft、「Windows 10 build 10074」をリリース、Aero Glassが復活へ

シェアする

Windows 10 0

Microsoftは本日行われた開発者向け会議BUILD 2015にて、Windows 10の最新ビルド「Windows 10 build 10074」を発表しました(The VergeArs Technica)。

現在、既存Windows 10環境からWindows Update経由で更新できるほか、x86 / x64版の日本語ISOファイルをダウンロードすることもできます。なお、今回からTechnical Previewではなく、Insider Previewという名前に変更となりました。

S 2015 04 30 10 10 45

build 10074の変更点はNeowinでまとめられていて、全体的なUXの改良(高解像度ディスプレイ/マルチモニタ環境、Liveタイル、Aero Glassの復活)や、Continuumの改善、マルチタスクの改良、Windowsサウンドの追加、Cortanaの改良など、多くの変更が行われています。

Aero Glassに関しては、最適な表現を探っているようで、スタートメニューとタスクバーが、通常の透明度が良いか、blur効果つきの透明度が良いかフィードバックを募っている様子。Aero Glass派の声が大きければ、より多くのエリアにblue効果をつけることも考えているそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする