【複雑】海賊版Windowsが、Windows 10へ無料アップグレードできたとしても、海賊版のままらしい

シェアする

Windows 10 0

MicrosoftのTerry Myerson氏が先日、「正規版のWindowsユーザーだけではなく、海賊版のWindowsユーザーでさえWindows 10に無料でアップグレードできる」と発言し世界を驚かせました。正規版のWindows 7 / 8.1からでさえ、無料アップグレード期間は1年間に限定されているのに対し、今まで海賊版を使っていたユーザーまでもが無料でアップグレードできるのは、あまりにも気前が良すぎる話だからです。

ということで海外メディアがMicrosoftに真意を問い合わせたところ、やはり海賊版Windowsの無料アップグレードには制約があり、海賊版WindowsからWindows 10へアップグレードできたとしても、海賊版は海賊版のまま扱われる(正規版Windowsにはなれない)ということが明らかになりました(ZDNetThe VergeArs TechnicaNeowin)。

We have always been committed to ensuring that customers have the best Windows experience possible. With Windows 10, although non-Genuine PCs may be able to upgrade to Windows 10, the upgrade will not change the genuine state of the license. Non-Genuine Windows is not published by Microsoft. It is not properly licensed, or supported by Microsoft or a trusted partner. If a device was considered non-genuine or mislicensed prior to the upgrade, that device will continue to be considered non-genuine or mislicensed after the upgrade. According to industry experts, use of pirated software, including Non-Genuine Windows, results in a higher risk of malware, fraud (identity theft, credit card theft, etc), public exposure of your personal information, and a higher risk for poor performance or feature malfunctions.

「With Windows 10, although non-Genuine PCs may be able to upgrade to Windows 10, the upgrade will not change the genuine state of the license.(Windows 10に非正規PCがアップグレードできたとしても、ライセンスが正規かどうかの状態は変わらない)」とあります。

実際に海賊版WindowsユーザーがWindows 10にアップグレードした場合、そのWindows 10がどのような挙動を示すのか(数日間の猶予のあと使えなくなるのか?、Windows Updateは使えるのか?)など不明な点が多いのですが、Microsoftは今のところこれ以上詳細を明かすつもりはないようです。詳細はWindows 10のリリースが近づくまでわからないのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする