【注目】Microsoft、「Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを抑止する方法」を公開

Windows 10 0

Microsoftが公式ブログAsk COREにて「Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを抑止する方法」を公開し、(作業の難易度の高さから)話題となっています(窓の杜)。

今回公開された方法を適用すれば「Windows Update 経由でのWindows 10 のダウンロードおよびインストールを抑止」することが可能とのことなので、無駄なダウンロードを避けたい方は7月29日までに作業しておいたほうが良いかもしれません。

事前準備

まず最新のWindows Updateを適用します。これは通常自動で適用されているはずのもので、手動で適用する場合、以下のリンクからダウンロードすることができます。

方法1: ローカルグループポリシーエディター

ローカルグループポリシーエディターが使える場合、以下の手順で作業します。

  • 「グループポリシーの編集」を検索し、ローカルグループポリシーエディターを開く(見つからない場合は方法2へ)。
  • 左側ペインで「コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > Windows Update」を選択。
    2015 07 24 114701
  • 項目「Turn off the upgrade to latest version of Windows Update」を「有効」に変更。
    2015 07 24 114719

以上で完了です。

方法2: レジストリを編集

Windowsのエディションの制限によりローカルグループポリシーエディターが使用できない場合、レジストリを編集して防ぐこともできます。

  • レジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate」を開く。
  • REG_DWORD値DisableOSUpgradeを追加し値を1とする。
    2015 07 24 114916

もしくは管理者権限でコマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドを実行します。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v "DisableOSUpgrade" /t REG_DWORD /d 00000001 /f

ただしレジストリを編集する場合、システムを破壊する可能性があるため十分注意して行う必要があります。

自動更新なのか?

そもそもWindows 10の無償アップグレードは予約制だったはず。今回わざわざMicrosoftが無償アップグレードを抑止する方法を案内したことで混乱が広がっています。

現段階で7月29日に何が起こるか定かではないため、安全を期すためには、抑止しておいたほうが良いのかもしれませんが…。

※2015/07/26 追記
24日、Ask COREのブログに追記が加えられています。「Get Windows 10 アプリ」(田アプリ)などから予約しない限り、自動的にWindows 10へのアップグレードが行われることはないとのこと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする