Windows 10の無償アップグレードが今度こそ本当に終了へ

S 20180106 93300

Microsoftが2018年1月16日まで延長した、支援技術製品を利用しているユーザー向けのWindows 10への無償アップグレードがいよいよ終了することが注目を集めています(MSPoweruserNeowin)。

この無償アップグレードは当初2017年12月31日もって終了すると発表されていましたが、年が変わった後も無償アップグレードが可能で、その後2018年1月16日に終了すると日付が変更された経緯があります(なお日本語ページの情報は12月31日のままです)。

本来は「障碍者向け支援技術製品」を利用するユーザー向けの無償アップグレード権の提供ですが、実際に支援技術製品を利用しているかどうかのチェックは行われて折らず、無償アップグレードの「抜け穴」になっていると指摘されていました。

この無償アップグレードオファーが終了すると、Windows 7/8.1ユーザーは有償ライセンスを購入するしか、アップグレードする方法がなくなることになります。なおMicrosoft Storeで販売されている、Windows 10 Homeの価格は119.99ドル(日本では19,008円)、Windows 10 Proは199.99ドル(日本では27,864円)となっています。

S 20180117 90759

スポンサーリンク