Microsoft、AMDチップ向けのKB4056894、KB4056892などを再公開

S 20180113 114147

Microsoftは先日、CPUの欠陥「Spectre」と「Meltdown」向けの修正を含むWindows用の累積アップデート各種公開しました。

その後更新を適用するとPCが起動できなくなるという問題が報告されたため、AMD CPUを搭載するPCに対しては公開が見合わされていたのですが、今回問題がほぼ解決し更新プログラムが大部分のシステムに対して再公開されたことが分かりました(MicrosoftSoftpedia)。

Microsoft has resumed updating the majority of AMD devices with the Windows operating system security update to help protect against the chipset vulnerabilities known as Spectre and Meltdown,” the updated advisory reads.

マイクロソフトは、SpectreとMeltdownと呼ばれるチップセットの脆弱性に対する保護のため、Windowsオペレーティングシステムのセキュリティ更新プログラムを、AMDデバイスの大部分で更新を再開しました

ただしAMDプロセッサの一部はブロックされたままで、MicrosoftはAMDと協力し、来週までには完全に更新の提供を再開する予定です。

対象の更新プログラムは以下の通り:

January 3, 2018—KB4056897 (Security-only update)
January 9, 2018—KB4056894 (Monthly Rollup)
January 3, 2018—KB4056888 (OS Build 10586.1356)
January 3, 2018—KB4056892 (OS Build 16299.192)
January 3, 2018—KB4056891 (OS Build 15063.850)
January 3, 2018—KB4056890 (OS Build 14393.2007)
January 3, 2018—KB4056898 (Security-only update)
January 3, 2018—KB4056893 (OS Build 10240.17735)
January 9, 2018—KB4056895 (Monthly Rollup)

AMDの発表によると、問題のプロサッセはAMD Opteron、Athlon、AMD Turion X2 Ultraファミリーとのこと。

スポンサーリンク