【Tips】「Microsoft Remote Desktop」でMacの「英数/かな」キーがきかない事への対処方法

2015 04 23 20 14 36

MicrosoftがMac App Storeで公開している「Microsoft Remote Desktop」を使用すれば、MacからWindowsへ、Remote Desktopプロトコルを使って接続することができます。

Microsoft Remote Desktop App
カテゴリ: ビジネス
価格: 無料
Microsoft公式のリモートデスクトップクライアントアプリ。

VNCで接続するよりも、高速で使い勝手が良いのですが、一つ困ったことがあります。それは、MacのJISキーボードの「英数」、「かな」キーがきかないことです。この2つのキーのどちらを押してもなぜかWindows側で「スペース」が入力されてしまい、IMEの切り替えなどに使うことができないのです。

今回は、この問題に対処するリーズナブルな方法を説明します。なお環境は以下の通りです。

  • Mac: OS X Yosemite 10.10.3(MacBook Pro with JISキーボード)
  • Microsoft Remote Deskto: 8.0.16
  • Windows: Windows 7 64 bit版
  • Windows側IME: Google IME

IME側で対処するのが簡単

検索してみると、この問題に多くの人が悩まされているようです。Karabinerを使った本格的な対策も提示されているのですが、今回はMac側のキーリマップまではしたくなかったので、手っ取り早く、Google IMEのキーバインドを変更することにしました。

IMEのオンとオフを英数とかなで行うことを諦め、Caps Lock(=Windows側でEisuと認識される)で行うことにします。

2015 04 24 172744

↑この設定を行うには、Google日本語入力のプロパティを開いて、キー設定の選択で「編集」ボタンをクリック。

2015 04 24 172712

↑入力キーでソートして「Eisu」を探し、以下のように設定します。

モード 入力キー コマンド
変換前入力中 Eisu IMEを無効化
変換中 Eisu IMEを無効化
直接入力 Eisu IMEを有効化
変換文字なし Eisu IMEを無効化

これでMac側でCaps Lockを押してGoogle IMEを有効化したり無効化したりすることができるようになりました。

Caps Lockを割り当てると、Macに戻った時に影響が残るのがうざったいですが、Remote Desktop使用中にそうそうMacに切り替えないこと、さらにEisuキーだとWindows使用時に影響がないことを考えて、とりあえずこうしてあります。

まとめ

Microsoft Remote Desktopがバージョンアップして、MacのJISキーボード問題を解決することに期待したいと思います。それまでの応急処置としてどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする