「PuTTY 0.65」がリリース - さまざまな不具合を修正

S 2015 07 28 9 29 20

PuTTY開発者Simon Tatham氏は7月25日(現地時間)、Windows用のターミナルエミュレーターソフト「PuTTY」の最新版「PuTTY 0.65」をリリースしました(アナウンス)。現在公式サイトより最新版のWindows用実行ファイルをダウンロードすることができます。

PuTTY 0.65の新機能

バージョン0.65はバグフィックスリリースで、主な修正点は以下の通りです。

  • Windows Vistaのディスプレイテーマによって、設定ダイアログが非表示状態になっていた不具合の修正。
  • サーバーが大量データを送信してきた際、PuTTYのGUIウィンドウが無反応になっていた不具合の修正(以前修正済みのものが0.64で再現していたため再度修正)。
  • バッチモードスクリプトでコマンドが失敗した際、PSFTPが失敗状態で終了するうように変更。
  • SSH接続でまれにクラッシュする問題の修正。
  • 不正なターミナルクエリーコードにマイナス記号を含む無効なエスケープシーケンスで返信していた問題の修正。

PuTTYのイベントログ機能の強化や、パフォーマンスの改良といった新機能も少しですが追加されています。

またこれに追随してPuTTYの派生ビルド版も更新されています(PuTTY-ranvisICE IV + putty)。利用者の方はこちらもご確認ください。

スポンサーリンク