Microsoft、「Surface 3」を発表 - Atomを採用でWindows 8.1が動く!

シェアする

Surface3

Microsoftは同社のタブレット「Surface」シリーズの新たなモデル「Surface 3」を発表しました(Surface BlogNeowinThe Verge)。

Surface 3は、CPUにクアッドコアのIntel Atom x7-Z8700プロセッサを採用し、Windows 8.1が動くファンレスタイプのWindowsタブレットです。ディスプレイサイズは10.8インチで解像度は1920x1280。RAMは2GB or 4GB、ストレージは64GB or 128GB、ネットワークはWi-Fi or LTEのバリエーションが存在します。

価格はもっとも安いモデルで499ドルからと、かなり低く設定されていますが、その代わり、キックスタンドが3段式になるとか、電源コネクタがMicroUSB形式に変更になるなどのコスト削減策が取られているようです。

Surface 3 runs full 64-bit Windows 8.1 and will be available with Windows Pro for business customers. It will be upgradable to Windows 10 for free when it’s available.

Windows 10の正式発表がこの夏に控えているので、いまさらWindows 8.1はどうかなと思いましたが、Windows 10へは無料でアップグレードできるように計画されているようです。日本での発売価格にもよると思いますがかなり人気がでそうなデバイスですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする