オープンソースのターミナルエミュレータ「Tera Term 4.84」リリース

シェアする

NewImage

オープンソースのターミナルエミュレータ「Tera Term」の最新版「Tera Term 4.84」がリリースされています(ダウンロード&リリースノート)。

Tera TermはPuttyと並びWindows用のターミナルエミュレータソフトとして人気のソフトウェア。原作者の手を離れ有志の手によって開発が継続されています。

変更履歴によると、Tera Termバージョン4.84では、YMODEM、ZMODEM でファイルを受信したとき、ファイルの更新日時を反映する変更や、Additional settingsダイアログのLogタブで、ログ種別を設定できるようにするなどの変更が行われたほか、バグ修正やその他の更新が行われています。またTTSSH、TeraTerm Menu、TTXResizeMenuなどの更新も行われています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする