「Windows 10 build 10041」を「VMware Fusion 7」にインストールしてみた - アイコンが凄い

シェアする

2015 03 25 20 44 02

先日リリースされたWindows 10 Technical Previewの最新ビルド「Windows 10 build 10041」。日本語版のISOファイルがダウンロード可能になったので、VMware Fusion 7に早速クリーンインストールしてみました。

VMware Fusion 7はさすがにVMware Fusionの最新版だけあって、何の問題もなくWindows 10を認識してくれます。一箇所除き、特に迷うことなくインストールすることができました。

以下スクリーンショットでインストール方法を紹介してみたいと思います。

仮想マシンの設定

まず仮想マシンの設定を行います。

VMware Fusionを起動し「ファイル > 新規」を選択。

2015 03 25 18 57 31

↑「ディスクまたはイメージからインストール」を選択。

2015 03 25 20 17 41

↑「Windows10_TechnicalPreview_x64_JA-JP_10041.iso」を選択。

2015 03 25 20 17 54

↑簡易インストールは使用せず。

2015 03 25 20 18 20

↑HDD容量は60GB、メモリは2GB(デフォルト)で完了です。

Windows 10のインストール

次にWindows 10のインストールです。

2015 03 25 20 19 12

↑Windows 10インストールの開始。

2015 03 25 20 21 38

↑「カスタム: Windowsのみをインストールする」を選択。

2015 03 25 20 21 44

↑そのまま「次へ」

2015 03 25 20 21 52

↑インストールが始まります。

Windows 10の初期設定

2015 03 25 20 33 41

↑「自分で設定する」を選んでみました。

2015 03 25 20 37 24

↑ここから少し注意が必要です。Microsoftアカウントを使う場合、そのアカウントでログインするだけですが、諸般の事情によりMicrosoftアカウントを使いたくない場合ローカルアカウントを作成することもできます。それには「新規登録」を選びます。

2015 03 25 20 39 53

↑「後でアカウントに接続する」を選びます。

2015 03 25 20 40 28

↑「このPC用のアカウントの作成」でローカルアカウントを作成できます。

Windows 10 x64

↑Windows 10 build 10041を起動したところ。スタートメニューが半透明化しているなど、すぐ分かる変更点があるのですが、個人的にはゴミ箱アイコンがフラット化しているところにかなり違和感を感じました。このまま正式版になるのかな…(汗

まとめ

Windows 10 build 10041をISOファイルからVMware Fusion 7にクリーンインストールする方法を説明しました。分かりにくいですが、Microsoftアカウントを使わずローカルアカウントを使ってログインすることも引き続き可能です。

ちなみに、VMware Fusionは現在25%オフの3月決算セール開催中。まだチェックしていなかった方はどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする