Windows 10の緊急累積アップデートKB4056892などがリリース - Intel CPUの脆弱性に対応

S 20180105 101242

Microsoftは4日(現地時間)、Windows 10 Version 1709用の累積アップデートKB4056892などをリリースしました(gHacksSoftpedia)。

先日発見され話題となっているIntel CPUなどに発見された脆弱性を修正するものとみられていて、Version 1703用のKB4056891、Version 1607用のKB4056890、Version 1511用のKB4056888、Version 1507用のKB4056893なども同時にリリースされています。

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので、新たな機能は追加されていません。

それぞれWindows Updateを利用して導入することが可能で、変更内容は以下の通りです。

KB4056892 (OS Build 16299.192)

Version 1709用の累積アップデートでは、EdgeでOfficeオンラインドキュメントの印刷に失敗する問題や、タッチキーボードが109キーボードの標準レイアウトをサポートしない問題など以下に示す問題が修正されています。

  • Addresses issue where event logs stop receiving events when a maximum file size policy is applied to the channel.
  • Addresses issue where printing an Office Online document in Microsoft Edge fails.
  • Addresses issue where the touch keyboard doesn’t support the standard layout for 109 keyboards.
  • Addresses video playback issues in applications such as Microsoft Edge that affect some devices when playing back video on a monitor and a secondary, duplicated display.
  • Addresses issue where Microsoft Edge stops responding for up to 3 seconds while displaying content from a software rendering path.
  • Addresses issue where only 4 TB of memory is shown as available in Task Manager in Windows Server version 1709 when more memory is actually installed, configured, and available.
  • Addresses issue where update installation may stop at 99% and may show elevated CPU or disk utilization. This occurs if a device was reset using the Reset this PC functionality after installing KB4054022.
  • Security updates to Windows SMB Server, the Windows Subsystem for Linux, Windows Kernel, Windows Datacenter Networking, Windows Graphics, Microsoft Edge, Internet Explorer, and the Microsoft Scripting Engine.

MeltdownとSpectre

なお最近発見されたCPUの欠陥は、FAQサイトにあるように、実際は「Meltdown」と「Spectre」と呼ばれる2つの脆弱性から成り立っていいます。IntelのCPUだけに影響しパフォーマンスが低下する割合の高い「Meltdown」と、IntelのほかAMDやARMプロセッサにも影響する「Spectre」で、今回のWindows Updateは「Meltdown」を修正するものとみられています。

S 20180105 102437

スポンサーリンク