【朗報】Windows 10 Fall Creators UpdateにネイティブOenSSHサポートが追加される

S 20171215 100553

独自性の高いファイルシステムや、コマンドラインツールを採用する「Windows」。UNIX系OSを利用するユーザーにとって、普段の環境との違いに悩まされることも多い環境でしたが、ここ最近は状況が変わってきているようです。

UbuntuやSUSE、FedoraといったLinuxディストリビューションがWindows 10で実行できるようになったのに続き、最新の「Windows 10 Fall Creators Update」では、OpenSSHのクライアント、サーバーが利用可能となっている事が分かりました(MSPoweruser)。

現段階ではまだベータ版として提供されていますが、正式版となれば、Puttyのようなサードパーティ製ツールを利用する事が多かった、Windowsのssh環境が一変することになるかもしれません。

以下利用法を説明します。

OpenSSHの利用方法

Windows 10 Fall Creators Update(Version 1709)を利用しているユーザーは以下の手順でOpenSSHのクライアント、サーバーをインストールすることができます。

  • 「設定」を起動
  • 「アプリ > アプリと機能」で「オプション機能の管理」を選ぶ

    App1

  • 「機能の追加」を選択

    App2

  • 「OpenSSH Client(Beta)」や「OpenSSH Server(Beta)」を選ぶ

    App3

クライアントの場合、この後コマンドプロンプトを開き「ssh」と打ち込めば利用できます。

まとめ

OpenSSHのWindows版は、オープンソースとして公開されていて最新版のバイナリを手動でインストールすることもできます。またOpenSSH Serverの利用法はこのブログで説明されています。まだベータ版ですが今後に期待したい機能です。

スポンサーリンク