【悲報】Windows 10 on ARMの制限が明らかに

Windows10 Qualcomm Snapdragon 1024x576

現在Microsoftは、ARMデバイスの上で動作する「ARM版Windows 10」の開発を進めています。

従来のWin32デスクトップアプリがそのまま動作する利便性や、バッテリー持続時間の大幅な向上による運用性の向上など、優れた特徴に大きな期待が集まるなか、MicrosoftがこのARM版Windowsの制限を明らかにするサポートページ「Limitations of apps and experiences on Arm」を公開していたことが判明しました(現在削除済み。ThurrottZDNet Japan)。

ドキュメントはARM版Windows 10がx86ベースのWindows 10とどのように異なっているかを説明するものではなく、どのような制限があるかを説明するもとなっていたようです。

公開されていた情報によると、制限の内容は以下の通りです。

  • 64bitアプリは動作しないかもしれない: Windows 10 on ARMでは32bitのx86デスクトップアプリだけが動作する。x64アプリは将来のバージョンでサポートされる計画あり
  • 特定の場合アプリは動作しない: シェルの拡張やIME、支援技術、クラウドストレージアプリなど特定のアプリはWindows 10 on ARMで動作しない
  • x86ドライバーを使用できない: x86 Windowsアプリは動作するがx86ドライバーは利用できない
  • Hyper-Vなし: Windows 10 on ARMでHyper-Vはサポートされない
  • 古いゲームやグラフィアプリも動作しない: Windows 10 on ARMはDirectX 9/10/11/12をサポートする。それ以前のバージョンをターゲットとしたゲームやアプリは動作しない

公開された情報からARM版Windows 10が当初の期待ほど万能ではないことがうかがえます。

ただしあくまでもリリース開始時の制限であるため、今後継続して開発が行われていけばここにリストアップされた制限が緩和される可能性はありそうです。

スポンサーリンク