「Windows 9 (Threshold)」にさらなる進化の兆し、仮想デスクトップが追加され、チャームバーがなくなる!?

シェアする

Startmenuwindows9 r1 c1 3

2015年4月の発表が期待されている「Windows 9(Threshold)」では、スタートメニューが復活し、Metroアプリがデスクトップで実行可能になるのではないかと噂されています。

しかし、変更はそれだけにとどまらないかも知れません。Windows 9にUbuntu風の仮想デスクトップ機能が追加され、さらにWindows 8の特徴でもあったチャームバーがなくなるのではないかという新情報が流れています(ZDNet)。

Ubuntu風の仮想デスクトップが追加される?

NewImage

NeowinのBrad Sams氏は、Windows 9にUbuntu風の仮想デスクトップが追加されると主張しています(Neowin)。仮想デスクトップとはMacやUbuntuユーザーならばおなじみのデスクトップ(作業スペース)を仮想的に切り替えることができる機能のこと。この機能の追加をMicrosoftが検討しているという情報です。

WindowsでもVirtuaWinなどのフリーソフト等で実現することができるので、今更感はありますが、公式に使えるようになれば、フリーソフトを入れる必要がなくなるので少し便利になるかもしれません。

チャームバーがなくなる?

NewImage

WinBetaは、Windows 9のデスクトップ版でチャームバーがなくなると主張しています(WinBeta)。チャームバーは画面の横からとびでてくるバーのこと。デスクトップユーザーにとってはあまりメリットがないので、Microsoftはこれをなくして他の方法を検討しているという情報です。

NewImage

デスクトップで動かせるようになるModernアプリのために、ウィンドウのタイトルバーから「チャーム機能」を呼び出すことも考えられているようですが、この代替機能の詳細はまだ不明のようです。

ちなみに、WinBetaは、チャームバーはデスクトップ版Windows 9だけでなくなると主張していますが、ZDNetのMary Jo Foley氏(の情報源)は、デスクトップだけではなく、ラップトップやタブレットでもなくなると言っていて、今のところ意見が分かれているようです。

デスクトップ重視の流れ

Windows 9はデスクトップ重視のバージョンになるという噂が以前から流れていましたが、今回の新情報もその噂を裏付けるものといえそうです。タブレット用のModern UIをデスクトップに(無理矢理?)融合したWindows 8からの揺り戻しがWindows 9では起こりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする