ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > ユーティリティ > ファイラ ]

  Paper Plane xUI

詳細情報

タイトル Paper Plane xUI
URL http://toro.d.dooo.jp/index.html
バージョン 1.73dw   1.72dw   1.71dw   1.70dw   1.69dw   1.68dw   1.67dw   1.66dw   1.65dw   1.64dw   1.63dw  
更新日 2020/05/23
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 ファイル操作用のツール集。ツール間で連携してファイル操作を行う事ができる。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2020/05/23 ver 1.73dw

↑Paper Plane xUI Version 1.73
   ppx173.zip ( MultiByte版,793 Kbytes, 2020-5-23, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))
   ppw173.zip ( UNICODE版,808 Kbytes, 2020-5-23, Windows NT 4.0 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppx64173.zip ( 64bit版,1100 Kbytes, 2020-5-23, Windows XP - Windows 10/2019 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.72→1.73
・*fileのコピー先、ログ、*ppe でサイズ変更キー(&\[↑↓←→])を有効にした
・*fileでバーストモードを自動適用するファイルサイズ等を設定できるように(X_cbsz)
・*fileでワイルドカードによる名前変更を行うとき、拡張子指定が無ければ拡張子維持
・*fileで正規表現等による名前変更を行うとき、拡張子指定を変更しない設定を追加
・*fileでファイルシンボリックリンクにファイルコピーする時はリンク削除するように
・%*treeの表示位置を調整した
・PPeで検索文字列を入力するとき、選択中の文字列を初期値にした
・*where/*whereis にエントリ名のみの一覧を生成する指定(-name)を追加
・*where/*whereis で-listfileを指定すると、以降の結果保存がおかしくなるのを修正
・アドレスバー、入力バーで[Enter]を押したときに警告音が出るのを修正
・比較([O])の中断処理、経過表示を調整した
・ドライブ選択メニュー\[L]にMTPデバイスを列挙するようにした
・一体化時のタブメニュー(&[-])に最近閉じたPPcの一覧を追加
・大きなテキストの部分表示(X_llsiz)、スクロールバーで読込位置を変えられるように
(省略されました)

2020/03/21 ver 1.72dw

・Paper Plane xUI
・Paper Plane xUI(DirectX9版)
- DirectX9 使用動作検証版
↑Paper Plane xUI Version 1.72
   ppx172.zip ( MultiByte版,789 Kbytes, 2020-3-21, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))
   ppw172.zip ( UNICODE版,805 Kbytes, 2020-3-21, Windows NT 4.0 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppx64172.zip ( 64bit版,1095 Kbytes, 2020-3-21, Windows XP - Windows 10/2019 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.71→1.72
・*fileのダイアログの上下方向のサイズ変更をできるように
・一部のディレクトリの読み込み時に異常終了することがあるのを修正
・マーク時のサムネイル画像の表示方法を変更
・ディレクトリの拡張子別の色の初期値を C_ext:* から C_entryのディレクトリに変更
・ファイルサイズの表示に小数点を使用する機会と設定を増やした(X_nfmt)
・ファイルマーク([+],*markentry等)で、マーク反転、ハイライト操作をできるように
・1.71で改行等の扱いがおかしいのを修正
・ハイライト単語の設定(\[F],^\[F])の優先順位を常時(CV_hkey)より上にした
・文字コード切替([@])に全体/選択範囲の自動判別した文字コードによる切替項目追加
・配色テーマ(黒,ダーク,ライト,白,Windows準拠)を色タブに追加
・カスタマイズ出力でマスク指定(-mask)を指定したときID名が含まれていないのを修正
(省略されました)

2020/01/26 ver 1.71dw

・Paper Plane xUI (+1) (+2) (+3) (+4) (+5) (+6)
・Paper Plane xUI(ARM64版)
- 64bit ARM 動作検証版
・Paper Plane xUI Module Junk parts
- 試作・動作確認用 PPx Module
↑Paper Plane xUI Version 1.71
   ppx171.zip ( MultiByte版,785 Kbytes, 2020-1-25, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))
   ppw171.zip ( UNICODE版,800 Kbytes, 2020-1-25, Windows NT 4.0 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppx64171.zip ( 64bit版,1088 Kbytes, 2020-1-25, Windows XP - Windows 10/2019 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.70→1.71
・aux: パスを一行編集の補完一覧リストに列挙できる項目を追加(M/S_auxxxx:base)
・レジストリから shell:の一覧を取得して一行編集の補完一覧リストに列挙するように
・ユーザ関数を使用できるようにした(_Command, *return)
・X_ltabの設定内容を2項目に分けた(旧設定もそのまま使用可能)
・%*getcustで下位項目がある内容を出力可能にした(例) %*getcust("M_pjump") )
・*makelistfile で -name を指定するとヘッダなしになるのを修正
・*makelistfile にヘッダなし(-noheader)を追加
・各種シェル拡張をブロックするレジストリの指定を反映するように修正
・ソート([S],\[S])でリストファイルを選択しても設定が反映されないのを修正
(省略されました)

2019/11/23 ver 1.70dw

Paper Plane xUI 関連(Windows 95 - Windows Me / Windows NT4.0 - Windows 10/2019)
・Paper Plane xUI Script Module R17+1
- スクリプトを実行する PPx Module
・Paper Plane xUI Script Module R17+2
- スクリプトを実行する PPx Module
・Paper Plane xUI(DirectX版)
- DirectX9使用動作検証版
・Paper Plane xUI Python Module
- Python スクリプトを実行する PPx Module の試作版
↑Paper Plane xUI Version 1.70
   ppx170.zip ( MultiByte版,781 Kbytes, 2019-11-23, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))
   ppw170.zip ( UNICODE版,797 Kbytes, 2019-11-23, Windows NT 4.0 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppx64170.zip ( 64bit版,1083 Kbytes, 2019-11-23, Windows XP - Windows 10/2019 64bit)
 Windows 95/98/Meで動作しません。
 Windows 95/98/Me 向けです。
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.69→1.70
・PPx Module に改行を含む引数を渡せるようにした
・%*func1(%*func2(%*func3(...)))をできるようにした
・一行編集,PPbの^[DEL],^[BS]を単語単位BS/DELに変更
(省略されました)

2019/09/28 ver 1.69dw

↑Paper Plane xUI Version 1.69
   ppx169.zip ( MultiByte版,774 Kbytes, 2019-9-28, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2016(32bit/64bit))
   ppw169.zip ( UNICODE版,790 Kbytes, 2019-9-28, Windows NT 4.0 - Windows 10/2016(32bit/64bit))
   ppx64169.zip ( 64bit版,1076 Kbytes, 2019-9-28, Windows XP - Windows 10/2016 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.68→1.69
・aux: パス中の「//」が「/」に置き換わらないように修正
・展開最大文字数指定コマンド(*maxlength)を追加
・一行編集の補完一覧リストの操作コマンド(*completelist),操作キー(~[→]等)を追加
・一行編集の補完一覧リストの初期幅を指定できるように(X_flst 3番目)
・一行編集の補完にローマ字検索を使用(X_ltab = 4)しているときの安定性を改善
・一行編集の補完にローマ字検索(X_ltab = 4)が補完候補ファイル、ヒストリを対象に
・一行編集で手動補完([TAB])を使用するとローマ字による補完ができなくなるのを修正
・補完結果一覧の強制表示時間, 補完結果一覧の作成打ち切り時間(X_flto)を追加
・PPc,一行編集の各表示要素を%N(Window Handle値取得)で取得できるように(%N-T等)
・一行編集/PPeでPosition Moduleの*cursorpos(カーソルのスクリーン座標)が可能に
・簡易現在日時(%*now)を追加
・1.66でSHN形式パスが扱えないことが生じたのを修正
・カスタマイズ項目の削除を追加(*deletecust)
・ヒストリの削除を追加(*deletehistory)
(省略されました)

2019/07/20 ver 1.68dw

↑Paper Plane xUI Version 1.68
   ppx168.zip ( MultiByte版,771 Kbytes, 2019-7-20, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2016(32bit/64bit))
   ppw168.zip ( UNICODE版,787 Kbytes, 2019-7-20, Windows NT 4.0 - Windows 10/2016(32bit/64bit))
   ppx64168.zip ( 64bit版,1072 Kbytes, 2019-7-20, Windows XP - Windows 10/2016 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.67→1.68
All
・1.64,*fileで移動元ファイルが使用中の時、待つ処理がおかしくなったのを修正
・一行編集の自動補完で、「-option:xx」形式の記載があるときは「xx」を検索対象に
・一体化窓でタブをペイン下に表示した時等のレイアウト異常の調整
・エントリ表示で描画漏れが起きることがあるのを修正
・表示行数が少ないときは、上下端部の移動抑制(XC_smar)を無効にするようにした
・新規ファイル・フォルダの名称の設定をMesxxxx→_othersに変更(設定は自動移行)
・総サイズ算出(\[Enter],*countsize)がシンボリックリンク先のファイルを加算対象に
・ソート([S],\[S])のファイル名ソートの詳細指定が色々誤っていたのを調整した
・*makelistfile,*where,*whereis の引数指定として、空白区切りも扱えるようにした
・*makelistfile に -normal,-basic,-comment,-message オプションを追加
・*where,*whereis に -search オプションを追加
・%e,%*input(-mode) に拡張子分離型ダイアログを指定できるようにした(%eEc 等)
・%*input(...)のキャッシュ(%$*input(...))ができなかったのを修正
(省略されました)

2019/05/25 ver 1.67dw

↑Paper Plane xUI Version 1.67
   ppx167.zip ( MultiByte版,767 Kbytes, 2019-5-25, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2016(32bit/64bit))
   ppw167.zip ( UNICODE版,783 Kbytes, 2019-5-25, Windows NT 4.0 - Windows 10/2016(32bit/64bit))
   ppx64167.zip ( 64bit版,1067 Kbytes, 2019-5-25, Windows XP - Windows 10/2016 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.66→1.67
・エントリのチップ表示の挙動を調整
・E_Tipview 内で WMP/IE で表示(*WMP/*IE)を指定できるように
・エントリ表示書式の時刻詳細指定に元号固定(例:昭和94)の年表示を追加(jH,JH等)
・一体化窓のログウィンドウのアクティブ化時クリック動作の無効化処理を行うように
・ディレクトリの設定(XC_dset,*diroption)でListFile内用の指定(listfile)を追加
・ディレクトリ設定メニュー(*diroption,%M?diroptionmenu)に書庫/listfile設定用意
・*makelistfile で、marktag 指定が正常に機能しないのを修正
・親ウィンドウに被せて表示する親ウィンドウハンドル指定(-popup:n)を試験実装
1.66+3→1.67
・*makelistfile で、marktag 指定が正常に機能しないのを修正
   ppxhelp.zip ( 331 Kbytes, 2019-5-25, Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP/2003)
↑Paper Plane xUI(DirectWrite版) Version 1.67
   ppx167dw.zip ( 1988 Kbytes, 2019-5-25, Windows 7/2008 R2 - Windows 10/2016(32bit/64bit))

2019/03/23 ver 1.66dw

↑Paper Plane xUI Version 1.66
   ppx166.zip ( MultiByte版,765 Kbytes, 2019-3-23, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2016(32bit/64bit))
   ppw166.zip ( UNICODE版,781 Kbytes, 2019-3-23, Windows NT 4.0 - Windows 10/2016(32bit/64bit))
   ppx64166.zip ( 64bit版,1065 Kbytes, 2019-3-23, Windows XP - Windows 10/2016 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.65→1.66
・ツリーにフォーカス変更用の各PPc一覧表示設定を追加(*tree focusppc)
・*fileでSHN形式パスへ複数ファイルコピーする時,途中で中断することがあるのを対策
・一行編集の自動補完(X_flst≧3)のタイムアウト時間を長くした(Win2000以降)
・migemo.dll の辞書読み込みの挙動を調整した
・エントリのチップ表示にPPv,WMP等を使うプレビュー形式を追加(*entrytip preview)
・チッププレビュー用ファイル種類判別指定(E_TipView)を追加
・書庫内のコマンド実行処理を調整した
・エントリの右端部分のマウス割当てを可能に(L_TAIL等)
・キャレットカーソルモード+行番号表示のときの、キャレット移動の挙動を調整した
・キャレットカーソルモードのとき、ヒストリにキャレット位置を記憶するようにした
・桁数変更[;]を行ったとき、ヒストリに桁数を記憶するようにした
・組み込み時の親ウィンドウハンドル指定(/Pn 又は -parent:n)を追加
PPcust
・メニュータブの種類一覧にマスク処理を追加
(省略されました)

2019/01/29 ver 1.65dw

・Paper Plane xUI Windows ヘルプ
- Windows ヘルプ版の PPx のヘルプファイル
↑Paper Plane xUI Version 1.65
   ppx165.zip ( MultiByte版,760 Kbytes, 2019-1-26, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2016(32bit/64bit))
   ppw165.zip ( UNICODE版,775 Kbytes, 2019-1-26, Windows NT 4.0 - Windows 10/2016(32bit/64bit))
   ppx64165.zip ( 64bit版,1060 Kbytes, 2019-1-26, Windows XP - Windows 10/2016 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.64→1.65
・1.64 で、K_edit,K_lied 内の「xxxx = key」形式カスタマイズが機能しないのを修正
・PPx Moduleを使用するとユーザコマンド(_Command)の引数がおかしくなるのを修正
・各種マクロ文字のPPx ID指定を強化し、別プロセスの一体化窓(CZxx)等を指定可能に
・*selectppx、%M?ppclist、X_rclst等の一体化窓向けの調整をした
・ユーザコマンドの終了(*return)を追加
・*stopに次のマークの実行に移す指定(-n)を追加
・ScriptModuleのPPx.PPxVersionに試験公開版番号を含めるようにした(例: 16501)
・一行編集初期化完了前に K_edit/K_lied:FIRSTEVENT,%*input(-k)が実行する場合対策
・一行編集のキー割当て処理を調整し、LEFT,RIGHT等を %K で使用できるようにした
・一行編集でツリーを表示したとき、画面内に収まるように調整するようにした
・一行編集で、ローマ字検索による補完をできるようにした(X_ltab = 4)
・X_ltab≧1のとき、\[tab]へのキー割当てが機能するように調整した
(省略されました)

2018/11/24 ver 1.64dw

↑Paper Plane xUI Version 1.64
   ppx164.zip ( MultiByte版,1077 Kbytes, 2018-11-24, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2016(32bit/64bit))
   ppw164.zip ( UNICODE版,1092 Kbytes, 2018-11-24, Windows NT 4.0 - Windows 10/2016(32bit/64bit))
   ppx64164.zip ( 64bit版,1375 Kbytes, 2018-11-24, Windows XP - Windows 10/2016 64bit)
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.63→1.64
・複数行表示一行編集のときに、一覧表示がマウスクリックで表示できないのを修正
・1.59のWin8.1以降、MultiByte版の一行編集の選択範囲対策が誤っていたのを修正
・一行編集ダイアログを[ESC]で閉じた後、メニューが表示されることがあるのを対策
・*ifmatchの第2パラメータを「"」で括ることができなかったのを修正
・PPc,PPv,PPe,一行編集に透明度の変更を追加([Ctrl]+[Shift]+[+/-/ホイール])
・PPbに透明度の変更を追加([Ctrl]+[Shift]+[+/-]) ※ホイール不可
・PPb,PPeにフォントサイズの変更を追加([Ctrl]+[+/-/0/ホイール])
・PPeの文字コードと、UNICODEのBOM、の取り扱いを強化
・PPeの開くときの文字コードを指定できるようにした(-sjis,-euc,-utf8,-codepage等)
・PPe,一行編集に日付の挿入を追加([F5])
・PPe,一行編集に文字列の置換を追加([F7])
・PPeで新規テキストを保存するときの文字コードを指定できるようにした(X_newcp)
・PPeの開くときのタブ幅を指定できるようにした(-tab:n)
・(PPe,一行編集)*editmode にタブ幅、ファイル保存時の文字・改行コード設定を追加
(省略されました)

2018/09/22 ver 1.63dw

・Paper Plane xUI
・Paper Plane xUI(DirectWrite版)
↑Paper Plane xUI Version 1.63
   ppx163.zip ( MultiByte版,1068 Kbytes, 2018-9-22, Windows 95 - Windows Me / Windows NT 4.0 - 10/2016(32bit/64bit))
   ppw163.zip ( UNICODE版,1084 Kbytes, 2018-9-22, Windows NT 4.0 - Windows 10/2016(32bit/64bit))
   ppx64163.zip ( 64bit版,1365 Kbytes, 2018-9-22, Windows XP - Windows 10/2016 64bit)
UNICODE版,64bit版,MultiByte版があります。
・MultiByte版は、Windows95以降のWindowsで動作します。
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。●変更点1.62→1.63
・(一行編集)マウス/タッチ/ペン用のコマンドバーを登録できるようにした(B_flm/t/p)
・ドラッグによる範囲選択の挙動を調整した
PPv
・改行記号を高速表示しているとき(XV_bctl)、CRLF/LF/CRを別の記号で表示するように
SETUP
・1.59から書庫の展開に失敗する場合があるのを修正
1.62+3→1.63
All
・(一行編集)マウス/タッチ/ペン用のコマンドバーを登録できるようにした(B_flm/t/p)
SETUP
(省略されました)