ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル exewrap
URL http://exewrap.osdn.jp/
バージョン 1.6.4   1.6.3   1.6.2   1.6.1   1.6.0   1.5.0   1.4.2   1.4.1   1.4.0   1.3.1   1.3.0  
更新日 2020/09/18
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 Java の実行可能 JAR ファイルを EXE に変換するツール。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2020/09/18 ver 1.6.4

exewrap 1.6.4ダウンロード
exewrap 1.6.4ダウンロード (442KB)
2020-09-18

2020/09/15 ver 1.6.3

exewrap 1.6.3ダウンロード
exewrap 1.6.3ダウンロード (442KB)
2020-09-14

2020/07/15 ver 1.6.2

exewrap 1.6.2ダウンロード
exewrap 1.6.2ダウンロード (436KB)
2020-07-15

2020/07/12 ver 1.6.1

exewrap 1.6.1ダウンロード
exewrap 1.6.1ダウンロード (439KB)
2020-07-12

2020/05/18 ver 1.6.0

exewrap 1.6.0ダウンロード
exewrap 1.6.0ダウンロード (438KB)
▶ その他のバージョンはこちらダウンロードした ZIP ファイル内の x64 フォルダーには 64 ビット版、 x86 フォルダーには 32 ビット版が含まれています。ご自分の環境に合った exewrap.exe を適当な場所にコピーしてお使いください。
アプリケーションの種類exewrap では、 コンソール ・ アプリケーション、 ウィンドウ ・ アプリケーション、 Windows サービス ・ アプリケーションの 3 種類のアプリケーションを作成することができます。コンソールアプリケーション
ウィンドウアプリケーション
サービスアプリケーション
2020-05-18

2019/12/08 ver 1.5.0

exewrap 1.5.0ダウンロード
機能外部ライブラリの読み込みJRE 検索VM オプション ・ ファイルセキュリティ・マネージャースプラッシュ・スクリーンシステム・プロパティ環境変数を設定する
exewrap 1.5.0ダウンロード (366KB)
2019-12-08

2019/09/09 ver 1.4.2

exewrap 1.4.2ダウンロード
このソフトウェアはJetBrains IntelliJ IDEAで開発されています
exewrap 1.4.2ダウンロード (380KB)
2019-09-09

2019/07/17 ver 1.4.1

exewrap 1.4.1ダウンロード
exewrap 1.4.1ダウンロード (380KB)
2019-07-16

2019/07/09 ver 1.4.0

 
exewrap
特徴アプリケーションの種類機能オプション変更履歴
exewrap 1.4.0ダウンロード
特徴 / ライセンス / 使い方 / 変更履歴
アプリケーションの種類コンソール ・ アプリケーションウィンドウ ・ アプリケーションサービス ・ アプリケーションデスクトップ ・ ブリッジ UWP アプリ
機能外部ライブラリの読み込みJRE 検索VM オプション ・ ファイルセキュリティ・マネージャースプラッシュ・スクリーンPack200 アーカイブ形式システム・プロパティ環境変数を設定する
オプション基本オプション拡張フラグサービス構成オプション
リンクJetty for WindowsSolr for WindowsTech Blog
ダウンロード
exewrap 1.4.0ダウンロード (373KB)
▶ その他のバージョンはこちら
使い方インストールは不要です。適当な場所に exewrap.exe をコピーしてお使いください。アプリケーションの種類
最終更新日
2019-07-08

hirukawa_ryo@users.osdn.me

2019/02/02 ver 1.3.1

デスクトップ・ブリッジ UWP
2019/02/02 バージョン 1.3.1 リリース - 32ビットOSでJREが見つからないバグを修正しました。 - クラスの重複判定に失敗するバグを修正しました。
Copyright (C) 2005-2019 HIRUKAWA Ryo. All rights reserved.
exewrap 1.3.1
(368KB)
デスクトップ・ブリッジUWPアプリ
exewrap 1.3.0からJavaアプリケーションのデスクトップ・ブリッジUWPアプリ化に対応しています。Tech Blogの記事でJavaアプリのUWP化手順について詳しく説明されています。参考にしてみてください。
デスクトップ・ブリッジを使ってJavaアプリをUWPアプリにしよう
OpenJDKでJavaアプリ配布パッケージを作る
Java 11 + EclipseでJavaFXアプリ開発
OpenJDK 11にJavaFXを導入する
Version 1.3.1 (2019/02/02)
32ビットOSでJREが見つからないバグを修正しました。
クラスの重複判定に失敗するバグを修正しました。
2019-02-02

2018/11/15 ver 1.3.0

2018/11/15 バージョン 1.3 リリース - JavaアプリをUWP化(Desktop Bridge)してMicrosoftストアで配布できるようになりました。 - Jarエントリーが重複している場合、日付の新しいものを取り込むようにしました。
JavaアプリをUWP化(デスクトップ・ブリッジ)してMicrosoftストアで配布できます。
exewrap 1.3.0
(367KB)
Version 1.3.0 (2018/11/15)
デスクトップ・ブリッジ UWP化に対応しました。JavaアプリをMicrosoftストアで配布できるようになりました。
Jarファイル内のエントリーが重複している場合、日付のもっとも新しいものだけを取り込むようにしました。
2018-11-15