Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > デスクトップ > 情報表示 ]

Pc   ClockPod 2.x

詳細情報

タイトル ClockPod 2.x
URL http://toro.d.dooo.jp/index.html
バージョン 2.65p4   2.65p3   2.65p2   2.65p1   2.65   2.64   2.63p1   2.63   2.62p1   2.62   2.54  
更新日 2018/05/26
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 ウィンドウに張りつくコンパクトな情報表示ツール。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2018/05/26 ver 2.65p4

・ClockPod 2.x (+1) (+2) (+3) (+4)
・CLISM excellent (+1)
↑ClockPod 2.x Version 2.65+4
   clockpod265p4.zip ( 153 Kbytes, 2018-5-26, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2016(32bit/64bit))
試験公開版です。 Version 2.65からの差し替え分のみとなってます。●変更点2.65+3→2.65+4
・UNICODE対応箇所の調整をした
・文字の縁取り表示時(X_shadow=2~4)で描画遅いとき、一時的に影表示に変えるように
↑CLISM excellent Version 2.0+1
   clisme20p1.zip ( 67 Kbytes, 2018-4-8, Windows95-Me,Windows NT 4.0-10/2016(32bit/64bit))
試験公開版です。 Version 2.0からの差し替え分のみとなってます。●変更点2.0→2.0+1
・Windows10(1703)でメニュー、ダイアログの画面スケーリングの動的変更に対応した
・ホットキーの設定ダイアログを表示するときに異常終了することがあるのを修正

2018/03/21 ver 2.65p3

・ClockPod 2.x (+1) (+2) (+3)
↑ClockPod 2.x Version 2.65+3
   clockpod265p3.zip ( 153 Kbytes, 2018-3-21, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2016(32bit/64bit))
試験公開版です。 Version 2.65からの差し替え分のみとなってます。●変更点2.65+2→2.65+3
・+2でデバッグ用の表示ダイアログが出るのを除去

2018/03/17 ver 2.65p2

・ClockPod 2.x (+1) (+2)
↑ClockPod 2.x Version 2.65+2
   clockpod265p2.zip ( 153 Kbytes, 2018-3-17, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2016(32bit/64bit))
試験公開版です。 Version 2.65からの差し替え分のみとなってます。●変更点2.65+1→2.65+2
・+1の64bit版でIME状態の表示がおかしいのを修正
・PODSEND.EXEをUNICODE対応にした

2018/03/10 ver 2.65p1

・ClockPod 2.x (+1)
↑ClockPod 2.x Version 2.65+1
   clockpod265p1.zip ( 129 Kbytes, 2018-3-10, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2016(32bit/64bit))
試験公開版です。 Version 2.65からの差し替え分のみとなってます。●変更点2.65→2.65+1
・2.62で、X_telopqとX_transparの設定の組合わせにより表示が透明になるのを修正
・メールの件名等の文字コードの種類をWindowsから取得して変換できるようにした
・64bit版の内部文字コードをUNICODEにし、設定ファイルの文字コードをUTF-8にした
・文字コードがUTF-8(BOM有 限定)の設定ファイルの読み込みに対応(32bit版/64bit版)
   ct13.zip ( 11 Kbytes, 2013-2-23, MS-DOS2.1以上/Windows95~Me/NT3.51~8)
Copyright(c)1997-2018 TORO/高橋 良和 E-mail: toroid.jp @​gmail.com

2017/07/08 ver 2.65

・IME redirect PAD
- IMEが使えない別ユーザプロセスで漢字を入力するための入力パッド
↑ClockPod 2.x Version 2.65
   clockpod265.zip ( 321 Kbytes, 2017-7-8, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2016(32bit/64bit))
※32bit版/64bit版が入っています。●変更点2.64→2.65
・Windows10(1703)でメニュー、ダイアログの画面スケーリングの動的変更に対応した
↑zacls Version 0.5
   zacls05.zip ( 89 Kbytes, 2017-7-8, Windows Vista/2008-10/2016 ※表示のみ:NT4.0/2000/XP/2003)
実際のアクセス権の操作は icacls.exe/takeown.exe を呼び出して行います。●変更点0.4→0.5
・メニュー上のドメインユーザ名でアクセス権を追加すると、別の名前になるのを修正
・各種ダイアログのフォント種類・サイズをWindowsから取得するようにした
↑IME redirect PAD Version 1.0
   IMEredirect10.zip ( 52 Kbytes, 2017-4-1, Windows 8/2012-10/2016)
Windows 8以降では、標準ユーザ使用時に、別のユーザで実行しているプロセス上でIMEを使った漢字等の文字入力ができないという問題があります。
IME redirect PAD は、該当プロセスでIMEを使って漢字入力するための入力パッドをホットキーで呼び出しできるようにします。
※ Windows 10(1607)の3月の更新で問題が解消されたようです。

2017/01/14 ver 2.64

Windows (Windows 95-Me,Windows NT4.0-10/2016)
・ClockPod 2.x
・CLISM excellent
・RUNASA
↑ClockPod 2.x Version 2.64
   clockpod264.zip ( 319 Kbytes, 2017-1-14, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2016(32bit/64bit))
※32bit版/64bit版が入っています。●変更点2.63→2.64
・レジストリによる元号追加に対応
※32bit版/64bit版が入っています。
※Version2.0以降は、CLISM excellentの実行ファイルとファイルサイズの差が小さくなるため配布していません。CLISM excellent を DLL が無い状態で起動すると、CLISM 相当の動作になります。●変更点1.8→1.9
↑CLISM excellent Version 2.0
   clisme20.zip ( 99 Kbytes, 2017-1-14, Windows95-Me,Windows NT 4.0-10/2016(32bit/64bit))
※32bit版/64bit版が入っています。●変更点1.9→2.0
・CLISM(64).DLL が無い場合は、機能制限(CLISM相当)して動作できるようにした
・クリップボードの内容取得を遅延できるようにした(Firefox対策)
・定型文の文字コードにUTF-8を使えるようにした(BOMまたは、utf8=1設定)
↑RUNASA Version 2.7
   runasa27.zip ( 171 Kbytes, 2016-10-22, Windows [NT4.0]/2000/XP/2003/[Vista/2008-10/2016](32bit/64bit))
※Windows Vista/2008以降は、サービス版が実質利用できません。
(省略されました)

2016/10/02 ver 2.63p1

・ClockPod 2.x (+1)
・TAALT
↑ClockPod 2.x Version 2.63+1
   clockpod263p1.zip ( 122 Kbytes, 2016-10-1, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2012(32bit/64bit))
試験公開版です。 Version 2.63からの差し替え分のみとなってます。●変更点2.63→2.63+1
・2.63で、背景色を自動 & DWM無効時の背景色がDWM有効時の色になっていたのを修正
↑TAALT Version 1.7
   taalt17.zip ( 65 Kbytes, 2016-10-1, Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP/2003/Vista/2008/7,WindowsXP/2003/Vista/2008/7 x64 Edition)
※32bit版/64bit版が入っています。●変更点1.6→1.7

2016/09/24 ver 2.63

・ClockPod 2.x
↑ClockPod 2.x Version 2.63
   clockpod263.zip ( 317 Kbytes, 2016-9-24, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2012(32bit/64bit))
※32bit版/64bit版が入っています。●変更点2.62→2.63

2016/04/23 ver 2.62p1

・ClockPod 2.x (+1)
・RUNASA (+1)
↑ClockPod 2.x Version 2.62+1
   clockpod262p1.zip ( 153 Kbytes, 2016-4-23, Windows 95-Me,Windows 3.1+Win32s,Windows NT 3.51-10/2012(32bit/64bit))
試験公開版です。 Version 2.62からの差し替え分のみとなってます。●変更点2.62→2.62+1
・IMAP4によるチェック時に異常終了することがあるのを修正
・背景色を自動にしたとき、DWMが有効でも正しくタイトルバーの色を得られるように
・画面スケーリングの動的変更(Per Monitor DPI等)に対応した
・HWINFS によるSMART情報取得処理を調整した
↑RUNASA Version 2.6+1
   runasa26p1.zip ( 79 Kbytes, 2016-2-14, Windows[NT4.0]/2000/XP/2003/[Vista/2008〜10/2012])
試験公開版です。 Version 2.6からの差し替え分のみとなってます。●変更点2.6→2.6+1
・RUNASA64.EXE で参照ボタンを使用すると異常終了するのを修正
↑zacls Version 0.4
   zacls04.zip ( 85 Kbytes, 2016-4-23, Windows Vista/2008/7/8/2012 ※表示のみ:NT4.0/2000/XP/2003)
実際のアクセス権の操作は icals.exe/takeown.exe を呼び出して行います。●変更点0.3→0.4
・icacls が空白を含まないパラメータを「"」で括ると挙動がおかしくなる問題に対応

2016/02/10 ver 2.62

Windows (Windows 95-Me,Windows NT4.0-10/2012)
・TAALT (+1)
・CLISM excellent (+1) (+2)
・Saver Dice
- スクリーンセーバチェンジャー
・PPMON
- リアルタイムプロセスメモリモニタ
・conwin
- コンソールウィンドウ各種操作コマンド
・Action Selector
- コンソール用拡張子判別メニュー
・EREXEC
- レスポンスファイルをコマンドラインに展開して実行
・zacls
- ファイルやディレクトリのアクセス権を操作
・tfilesign
- zip,exe,dllファイルの簡易署名
・DLLFREE
- ソフト本体が終了しても削除できない関連DLLの削除支援
(省略されました)

2007/07/14 ver 2.54

・GDI+ Susie Plug-in
- GDI+を使ったSusie Plug-in
・DirectX9 Susie Plug-in
- DirectX9を使ったSusie Plug-in
↑Paper Plane xUI Version 0.47
   PPX047.LZH ( MultiByte版,661 Kbytes, 2007-7-14, Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP/2003/Vista)
   PPW047.LZH ( UNICODE版,670 Kbytes, 2007-7-14, WindowsNT4.0/2000/XP/2003/Vista)
ファイル操作用のツール集です。
大量のファイルを快適に操作するための機能と操作性に重点を置き、
各ソフト間で処理を分担し、連携したファイル操作を行うことができます。
●変更点0.46→0.47
・*fileに経過のログ窓出力/PPXUNDO.LOGファイル出力の指定を追加
・*fileにアンドゥモードを追加した
・一行編集で、Refボタンの動作がキーカスタマイズに影響されていたのを修正
・一行編集の^[V]で貼り付けるテキスト中の改行を除去するようにした
・「"」で括った文字列中の「""」の扱いがおかしかったのを修正
・シェルコンテキストメニューの作成処理を変更した
・X_dlfB2の設定をツリーにも反映させ、ドライブのマイコンピュータ名を表示可能に
・(^[I])複合ファイルのプロパティの内容を表示可能にした
(省略されました)