ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル NyanFi
URL http://nekomimi.la.coocan.jp/
バージョン 1.429   1.428   1.427   1.426   1.425   1.424   1.423   1.422   1.421   1.420   1.419  
更新日 2019/11/28
追加日 2016/02/03
種別 フリーソフト
説明 キーボード操作主体の2画面ファイラー。

スクリーンショット

レビュー

ほとんどの操作をキーなどに割り当てられたコマンドから実行できる2ペイン型のファイラー。メニューバーを非表示にして表示領域を拡大することもできる。

ファイルやフォルダのコピーや移動といったファイル操作関連機能のほか、ファイルリストでEnterキーを押すことにより、テキストビューアやイメージビューアを呼びだしたり、圧縮、解凍にも対応している。

スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2019/11/28 ver 1.429

32ビット版 V14.29  nyanfi1429.zip 2019-11-27 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 62e123b255a0f50f05bfda4cdceeb477
64ビット版 V14.29  nyanfi64_1429.zip 2019-11-27 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: b7982462f2d87745c197944389a248cc
V14.29
・開発環境を C++Builder 10.3.3 にアップデート。
・オプション設定 - デザイン - モーダル表示効果 にある色選択コンボボックスのボタン部分にダークモードが適用されていなかったのを修正。
・NyanFi 終了時に捕捉されない例外が発生し、イベントログの Application に エラー(例外コード: 0xc000001d)として出力されていたのを修正(x64のみ)。

2019/11/21 ver 1.428

32ビット版 V14.28  nyanfi1428.zip 2019-11-20 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 841651deb274cb48b9e949446c9bf5c9
64ビット版 V14.28  nyanfi64_1428.zip 2019-11-20 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 5e41b9e611dbf4d1ea9c38267a687b9b
V14.28
・CreateDir_IN;~ コマンドでデフォルトを指定して入力ボックスを出した場合、前回の入力内容が残ってしまう場合があったのを修正。
・ToParent コマンドを高速に連続実行すると、ファイルリストが正しく更新されない場合があるのを修正。

2019/11/18 ver 1.427

32ビット版 V14.27  nyanfi1427.zip 2019-11-18 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 9b039f8ddd11722c3f6d8a26bcf8672f
64ビット版 V14.27  nyanfi64_1427.zip 2019-11-18 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 3f92322a3b7622587a8d091221fe0720
V14.27
・FindDuplDlg コマンドのパラメータに LR を追加。「重複ファイルの検索」で、左右のディレクトリのみを対象とした検索を行い(シンボリックリンクは除外)、結果リストは表示せずに重複ファイルを選択します。対応は、ファイル情報でハッシュ値を見比べるか、ToOppSameHash コマンドで確認してください。
・マルチディスプレイ環境の場合、ヘルプメニューの「動作環境情報をコピー」の内容にモニタ数を含めるようにしました。
・NyanFi 起動後にいずれかのモニタでスケーリングを変更すると、環境や「ダイアログ」フォントの設定によっては、メッセージボックスのサイズが適切に調整されず、メッセージにボタンが重なってしまう場合があるのを修正。

2019/11/09 ver 1.426

32ビット版 V14.26  nyanfi1426.zip 2019-11-09 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 3f49883d2d9f2b293c4494e9fe71b231
64ビット版 V14.26  nyanfi64_1426.zip 2019-11-09 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 6900466e0357bdcf756ee1754b7d2ca0
V14.26
・カレントディレクトリのファイル情報で、拡張子別ファイル数の長すぎる拡張子名を省略表示するようにしました(ツールチップで確認可能、コピー時は元の内容)。
・文字列検索(GREP)の結果リストのフィルタによる絞り込みは、「次行表示」のチェック状態を考慮し、表示されている内容だけを対象とするようにしました。
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に LastLogText を追加。ログウィンドウの直前の行内容(空行や " >All Task Ready" はスキップ)を取得します。
・リストボックスでズームを行うと、標準スクロールバーのダークモードが解除されてしまうのを修正。また一覧ダイアログでズームを行ったとき、水平スクロールバーが正しく更新されないのを修正。
・一覧やダイアログをスケーリングの異なるディスプレイに移動すると、リストボックスの標準スクロールバーやコンボボックスのダークモードが解除されてしまうのを修正。
・スケーリングが100%より大きいと、タブの底辺が正しく描画されない場合があるのを修正。

2019/10/31 ver 1.425

32ビット版 V14.25  nyanfi1425.zip 2019-10-31 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 61e04d1df64e0b83c29c049ad04ca132
64ビット版 V14.25  nyanfi64_1425.zip 2019-10-31 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 9de43f12ef262172cce68923ed5a6163
V14.25
・Windows 7 で起動できない場合があるのを修正(V14.23)。Windows 8 以降の関数(SetDisplayAutoRotationPreferences)を、Windows のバージョンではなく関数の存在をチェックして使用するようにしました。

2019/10/30 ver 1.424

32ビット版 V14.24  nyanfi1424.zip 2019-10-30 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 071b914347d7b2b16143320b5ab97cf8
64ビット版 V14.24  nyanfi64_1424.zip 2019-10-30 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: bc72a593bfafae37ae38be4b1ef8dbc3
V14.24
・イメージプレビューにディレクトリの特大アイコンを表示する場合、背景色にダークモードを適用するようにしました。
・オプション設定 - 関連付け の入力欄の内容が "ExeCommands_" で始まる場合、右クリックメニューからコマンド名を参照できるようにしました。
・Gitリポジトリで ReloadList_HL コマンドを実行したとき、ハードリンクのタイムスタンプが更新されない場合があるのを修正。
・ワークリストのディレクトリ項目に対して SetDirTime コマンドを実行した場合、タスク完了時に表示が更新されないを修正。
・登録ディレクトリダイアログや最近編集/閲覧したファイル一覧などで「場所」が省略表示されている場合、末尾が欠けることがあるのを修正(省略しきれない場合は除く)。
・「ダイアログ」フォントのサイズを大きくに設定していると、メッセージボックスのサイズが適切に調整されず、メッセージにボタンが重なってしまう場合があるのを修正。
・電卓でエラー表示から戻った後の背景色にダークモードが適用されないのを修正。
・テキストビュアーでスクロールバーのノブをドラッグしてスクロールすると表示が乱れる場合があるのを修正。

2019/10/29 ver 1.423

32ビット版 V14.23  nyanfi1423.zip 2019-10-28 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: d718f62dd8bad5a34f61827b3e9e9bfb
64ビット版 V14.23  nyanfi64_1423.zip 2019-10-28 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 3fb5472d1a04185f6c3eb216321f33c3
V14.23
・階層同期(SyncLR)の状態をタブごとに記憶するようにしました。
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「拡張子幅」を追加。拡張子の最大表示幅を 'W' の幅を基準とした文字数で指定できます。
・タブレットモードの場合、ランドスケープモードに固定するようにしました(Windows 8 以降)。
・ShowLogWin コマンドでログウィンドウの表示/非表示を切り替えた直後、ファイル情報の項目名の表示幅が狭まって隠れてしまうのを修正。
・最近編集/閲覧したファイル一覧の項目に代替データストリームが含まれているとフリーズする場合があるのを修正。

2019/10/23 ver 1.422

32ビット版 V14.22  nyanfi1422.zip 2019-10-23 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: f4e357f8aa8240d58a8cb6ebf85dcde6
64ビット版 V14.22  nyanfi64_1422.zip 2019-10-23 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 6068c8f99b68537be535138e9cb1463d
V14.22
・ToOppSameItem コマンドで左右の項目位置を揃えるのが可能な場合、カレント側のトップ位置も調整するようにしました。
・オプション設定 - コマンド - SyncLR - 「項目位置も同期」を追加。階層同期機能が有効な場合、カーソル位置と同名の項目が反対側にあれば、その位置も同期して点線カーソルを表示します(ToOppSameItem_NO コマンド相当)。

2019/10/17 ver 1.421

32ビット版 V14.21  nyanfi1421.zip 2019-10-17 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 743176b5d6ec8892e2627541c0d9a37f
64ビット版 V14.21  nyanfi64_1421.zip 2019-10-17 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: f420912525e93b60c6d8be0ba08b70cb
V14.21
・名前の変更ダイアログのMP3/FLACタブで書式参照ボタンを押した場合、入力コンボボックスの直前のキャレット位置と選択状態を考慮して挿入するようにしました(連番タブの場合と同様)。
・名前の変更ダイアログの名前タブで「関連ファイルの同時改名」が適用されると、改名終了時にエラーが発生して正常に操作できなくなるのを修正(V14.05)。

2019/10/11 ver 1.420

32ビット版 V14.20  nyanfi1420.zip 2019-10-11 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 99afcba59554112d88a49621c4927aaf
64ビット版 V14.20  nyanfi64_1420.zip 2019-10-11 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 903439466b620c2babcf80d7ddc2b40a
V14.20
・オプション設定 - 一般 - ディレクトリ履歴 に「保存数」を追加。INIファイルやタブグループ・ファイルを保存する際のタブ/左右ごとの最大履歴数を指定できます。
・テキストビュアーでCSV/TSVファイルを固定長表示していて、OpenURL コマンドを実行したりダブルクリックしたりした場合は、カーソル位置の項目からURLを取得するようにしました。省略表示になっていても、元の内容から取得します。
・NyanFi 起動後、USB接続のカードリーダー・ライターなどに後からメディアを挿入した場合、ドライブ一覧やポップアップにアクティブなドライブとして表示されないのを修正。
・タブの設定ダイアログにおいて、「ワークリスト」で「設定」を選んだ場合、入力欄の背景にダークモードが適用されないのを修正。

2019/10/09 ver 1.419

32ビット版 V14.19  nyanfi1419.zip 2019-10-09 5.7 MB (ソースコード付)
MD5: 31e90c0ca49c793f75ddd9c7358d4487
64ビット版 V14.19  nyanfi64_1419.zip 2019-10-09 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 773a6731e27999cf06cba65073a8bedb
V14.19
・テキストビュアーでCSV/TSVファイルを固定長表示している場合の右クリックメニューに「列幅の最小化」を追加。項目を選んでチェックすると、その列幅が最小化され内容が非表示になります。設定内容は代替データストリームに nyanfi.def という名前で保存されます。
・CSV/TSVレコードの右クリックメニューに「URLを開く」を追加。
・NTFSでないドライブで OpenADS コマンドを実行しようとした場合に警告を出すようにしました。
・横幅の広いメッセージボックスなどを表示した際に、メイン画面の左端からはみ出ないようにしました。