ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル NyanFi
URL http://nekomimi.la.coocan.jp/
バージョン 1.456   1.455   1.454   1.453   1.452   1.451   1.450   1.449   1.448   1.447   1.446  
更新日 2020/04/01
追加日 2016/02/03
種別 フリーソフト
説明 キーボード操作主体の2画面ファイラー。

スクリーンショット

レビュー

ほとんどの操作をキーなどに割り当てられたコマンドから実行できる2ペイン型のファイラー。メニューバーを非表示にして表示領域を拡大することもできる。

ファイルやフォルダのコピーや移動といったファイル操作関連機能のほか、ファイルリストでEnterキーを押すことにより、テキストビューアやイメージビューアを呼びだしたり、圧縮、解凍にも対応している。

スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2020/04/01 ver 1.456

32ビット版 V14.56  nyanfi1456.zip 2020-04-01 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: 76b85cfbee3379b4aad2dce5b6f5aba2
64ビット版 V14.56  nyanfi64_1456.zip 2020-04-01 7.0 MB (ソースコード付)
MD5: 3dc61ccfcd14171d83b43b5660b89560
V14.56
・共有フォルダ一覧を表示しようとしてアクセスを拒否された場合、可能ならネットワーク資格情報の入力ダイアログによる接続を試みるようにしました。
・登録ディレクトリ/特殊フォルダ一覧ダイアログのヒント表示を改善。「場所」が表示幅に収まらない場合や、環境変数が使われている場合に表示します。

2020/03/31 ver 1.455

32ビット版 V14.55  nyanfi1455.zip 2020-03-30 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: 9fac445783372b26d792d6e505d8766f
64ビット版 V14.55  nyanfi64_1455.zip 2020-03-30 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: fd6628807f4612135183704a18e45526
V14.55
・パスワード保護された未接続のUNCパスを開こうとした場合、ネットワーク資格情報の入力ダイアログを表示して接続を行えるようにしました。なお、InputDir コマンド入力した未接続のUNCパスは、事前に属性が取得できないためディレクトリ名と見なします。
・ファイル名検索の結果リストで、ソート方法がデフォルトの「場所」になっている場合、ソートダイアログによる変更ができなかったのを修正。

2020/03/29 ver 1.454

32ビット版 V14.54  nyanfi1454.zip 2020-03-29 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: d1b0a2baf8ade3708b45109a6fdd8fc7
64ビット版 V14.54  nyanfi64_1454.zip 2020-03-29 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: 6baf6f0c73ced76b8d9bc44162b77eb0
V14.54
・Move_SD コマンドを実行したとき、選択した移動先と対象ファイル名との間のディレクトリ区切りが抜け、間違った名前で移動してしまうのを修正(例: sub1\sub2\sub3\hoge.txt → shub2\ だと sub1\sub2hoge.txt)。

2020/03/28 ver 1.453

32ビット版 V14.53  nyanfi1453.zip 2020-03-28 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: cc2b61aaa69d17ca87c58d44d84f1a48
64ビット版 V14.53  nyanfi64_1453.zip 2020-03-28 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: 3a977ab11909d67e4fe9c676f07eeedc
V14.53
・ファイルリストを上下分割していて、最大化されていた画面を元のサイズに戻したとき、オプション設定 - デザイン - ファイルリスト - 「比率を維持」が効かない場合があるのを修正。またこのような場合、WidenCurList、EqualListWidth、BorderCenter コマンドが正しく動作しないのを修正。
・インクリメンタルサーチで Tab キーにコマンドを割り当てても機能せず、フォーカス移動になってしまうのを修正。

2020/03/28 ver 1.452

32ビット版 V14.52  nyanfi1452.zip 2020-03-27 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: 2ea21edf54cacd4d6f8c6fb774d96a22
64ビット版 V14.52  nyanfi64_1452.zip 2020-03-27 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: 8d255d83eadb9643f9bb7f15f141c13b
V14.52
・オプション設定 - テキストビュアー に「.json ファイルを整形して表示」を追加。.json ファイルをタブ文字でインデント整形して表示します。不正なJSONの場合、エラーメッセージが出て、整形していない元の内容が表示され、エラー個所にカーソルが移動します。
・JSONビュアーで「全体を整形してコピー」を行った場合、最上位が配列だと正しく動作しないのを修正。

2020/03/26 ver 1.451

32ビット版 V14.51  nyanfi1451.zip 2020-03-26 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: 11c35244b2db9bb31e9db94c2f64ec14
64ビット版 V14.51  nyanfi64_1451.zip 2020-03-26 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: 43d251340c5d0791a6867292be476c7e
V14.51
・JSONビュアーの右クリックメニューに「全体を整形してコピー」を追加。JSON文字列全体をタブ文字でインデント整形してクリップボードにコピーします。
・JSONビュアーで不正なJSONファイルを読み込んだ場合、エラー内容を表示するようにしました。また右クリックメニューに「エラー行をエディタで開く」を追加。
・JSONビュアーのツリービューに不要な横スクロールバーが表示されるのを修正。

2020/03/25 ver 1.450

32ビット版 V14.50  nyanfi1450.zip 2020-03-25 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: 3cabc86b51cf452974450d71b28eb5a9
64ビット版 V14.50  nyanfi64_1450.zip 2020-03-25 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: 1984a05b950dbbfc1a7ea07c3af1cf43
V14.50
・ファイラーに JsonViewer コマンドを追加。カーソル位置のJSONファイルをJSONビュアーでツリー表示します。またパラメータに CB を指定すると、クリップボードのテキスト内容をビュアーで表示できます。
・アーカイブの sample_etc ディレクトリに、農研機構の簡易逆ジオコーディングサービスで取得した住所(番地などは除く)を追加表示するテンプレート(WEBMAP_img_adr.HTM)を同梱しました。

2020/03/22 ver 1.449

32ビット版 V14.49  nyanfi1449.zip 2020-03-22 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: a1cd4174af87e40d6bd5532f46d03739
64ビット版 V14.49  nyanfi64_1449.zip 2020-03-22 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: fe4ef26a607666c3a2d86a61a878d6e4
V14.49
・SimilarImage コマンドのパラメータに CC を追加。画像の中央部(面積50%)をクロップして比較を行います。注目部分が中央にある場合によいかもしれません。
・WebMap コマンドで開く地図に標高を表示するようにしました(国土地理院APIで取得、国内のみ)。
・アーカイブの sample_etc ディレクトリに、地図の横に画像と諸情報を表示するテンプレート(WEBMAP_img.HTM)を同梱しました。またデフォルト相当の WEBMAP.HTM を修正。
・アーカイブの sample_etc ディレクトリ(sample_ini から改名)に、デフォルト表示に相当するテンプレート(WEBMAP.HTM)を同梱しました。カスタマイズして利用したり、作成の際の参考にしたりしてください。

2020/03/17 ver 1.448

32ビット版 V14.48  nyanfi1448.zip 2020-03-17 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 52d74d2cde7f4de314606d07e057ce68
64ビット版 V14.48  nyanfi64_1448.zip 2020-03-17 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: e6754fbe7ff64322b88ea403b7623acb
V14.48
・WebMap コマンドで表示する地図で、地理院(標準地図、淡色地図、写真)、Open Street Map を切り替えられるようにしました。追加したパラメータ M1~4 で初期表示を選択可能。なお H は廃止し、地図の高さはブラウザのサイズに合わせるようにしました。
・アーカイブの sample_etc ディレクトリ(sample_ini から改名)に、WebMap コマンドをパラメータなしで実行した場合に相当するテンプレートファイル(WEBMAP.HTM)を同梱しました。カスタマイズして利用したり、テンプレート作成の際の参考にしたりしてください。

2020/03/16 ver 1.447

32ビット版 V14.47  nyanfi1447.zip 2020-03-16 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 6e291eeae30dcae337d77f3f0b945034
64ビット版 V14.47  nyanfi64_1447.zip 2020-03-16 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: ca7485d3339c42ed7f5729e715eaa11c
V14.47
・WebMap コマンドで表示する地図をGoogleマップから国土地理院のものに変更しました。APIは Leaflet を利用。なおテンプレート(WEBMAP.HTM)を作成すればGoogleマップも表示可能ですが、Google Maps API キー の取得が必須となっており、月の使用量が無料利用枠を越えると料金が発生します。
・WebMap コマンドのパラメータに Z(ズームレベル) および H(地図の高さ)を追加。またテンプレートで使用できるマクロに、$ExifTime$ (Exif情報の撮影日時)を追加。

2020/03/12 ver 1.446

32ビット版 V14.46  nyanfi1446.zip 2020-03-12 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 21bbed3fb7751465f41f37c9b6e9d670
64ビット版 V14.46  nyanfi64_1446.zip 2020-03-12 6.9 MB (ソースコード付)
MD5: e280fe13561f9fa774496badbbc76e8e
V14.46
・SimilarImage コマンドのパラメータに HG を追加。64色カラーヒストグラムの類似度によってソートを行います(DH、AH、PH のいずれかと同時指定も可能)。また CB を追加。クリップボードのビットマップ内容との類似性に基づいてソートを行います。
・名前の変更ダイアログの「連番」タブで使用できる書式文字列に \C を追加。ファイルのパス無しディレクトリ名になります(D:\hoge\data\xxxx.txt なら data 、ルートの場合は空文字列)。
・ToParent コマンド実行直後にファイル情報やプレビューが更新されなくなっていたのを修正(V14.28)。