ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > 実用 > その他実用 ]

  クラウド印刷 for Sync

詳細情報

タイトル クラウド印刷 for Sync
URL http://www.bear.co.jp/ja/cprint4dbox.htm
バージョン 6.9   6.8   6.7   6.6   6.5   6.4   6.3   6.2   6.1   5.9   5.8  
更新日 2020/06/18
追加日 2016/04/05
種別 フリーソフト
説明 タブレットやスマートフォンなどさまざまなデバイスからパソコンに接続されているプリンタに自動印刷するソフトウェア。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2020/06/18 ver 6.9

Ver.6.9拡張子の関連付けがなされていないファイルは印刷対象から除外し、
エラーメッセージを表示しないようにしました。
Ver.6.8拡張子 .pdf~lock のファイルを印刷対象外にしました。
Ver.6.7Word, Powerpoint のマクロファイルを実行するようにしました。
クラウド対応自動印刷 Ver.6.9(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver.6.9(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro+ Ver.6.9(64bit版)
クラウド対応自動印刷 SVR Ver.6.9(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro SVR Ver.6.9(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro+ SVR Ver.6.9(64bit版)
クラウド対応自動印刷 Ver.6.9(32bit版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver.6.9(32bit版)

2020/06/15 ver 6.8

フォルダーをリアルタイムに監視しドロップされたPDFファイルや画像ファイルなどを自動的に印刷します。
リモートワークやテレビ会議で使用する資料を事前に各参加者のプリンターに自動印刷し配布する。クラウドサービスやVPNとの連携を利用可能。
調剤薬局でサーバーからダウンロードした処方箋を自動印刷する。
Ver.6.8 拡張子 .pdf~lock のファイルを印刷対象外にしました。
サポートBLOG
クラウド対応自動印刷 Ver.6.8(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver.6.8(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro+ Ver.6.8(64bit版)
クラウド対応自動印刷 SVR Ver.6.8(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro SVR Ver.6.8(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro+ SVR Ver.6.8(64bit版)
クラウド対応自動印刷 Ver.6.8(32bit版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver.6.8(32bit版)

2020/05/29 ver 6.7

フォルダーをリアルタイムに監視し、作成、コピー、移動、ドラッグ&ドロップ されたファイルを対応付けられたプリンターに自動的に印刷します。VPNやLAN、クラウドサービス上の共有フォルダーも監視できます。
監視フォルダーに移動された Excel ファイル(.xlsm) など Office ファイルのマクロを自動実行します。
これにより例えば Excelブック全体を印刷する、あるいはPDFに自動変換するなどが Macro(VBA) の自動実行で可能になります。
Pro 版は最大12個、Pro+版は最大23個のフォルダーを同時にリアルタイムに監視します。
「ファイルの振り分け」機能で名前別や拡張子別に監視フォルダーに振り分け、関連付けられたプリンターに印刷します。ファイルの振り分けルールには *や ?のワイルドカードを使用できます。(Pro版、Pro+版)
「ファイルの振り分け」機能により同じファイルを複数のプリンターに同時に印刷することもできます。(Pro版、Pro+版)
調剤薬局でサーバーからダウンロードした処方箋を自動印刷をする。
Ver.6.7 Word, Powerpoint のマクロファイルを実行するようにしました。
「ファイルの振り分け」のエラーチェックを強化しました。
ヘルプファイルの修正をしました。
サポート掲示板
旧 サポートBLOG
クラウド対応自動印刷 Ver.6.7(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver.6.7(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro+ Ver.6.7(64bit版)
クラウド対応自動印刷 SVR Ver.6.7(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro SVR Ver.6.7(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro+ SVR Ver.6.7(64bit版)
クラウド対応自動印刷 Ver.6.7(32bit版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver.6.7(32bit版)

2020/05/10 ver 6.6

フォルダーをリアルタイムに監視し、作成、コピー、移動(ドラッグ&ドロップ)されたファイルを指定されたプリンターに自動的に印刷します。VPNやLAN、クラウドサービス上の共有フォルダーも監視できます。
Pro 版は最大12個、Pro+版は最大23個のフォルダーを同時にリアルタイムに監視します。New!
「ファイルの振り分け」機能で名前別や拡張子別にフォルダーに振り分け、関連付けられたプリンターに印刷します。ファイルの振り分けルールには *や ?のワイルドカードを使用できます。(Pro版、Pro+版)New!
「ファイルの振り分け」機能で同じ振り分けルールを設定することで同じファイルを複数のプリンターに同時に印刷できます。(Pro版、Pro+版)New!
*動作確認済みPDF作成ソフト:並列プリント3、Just PDF作成、PDF-Xcange Editor、PDF Creator など
クラウド対応自動印刷 Pro+Pro+版。監視フォルダーを23個設定できます。
「ファイルの振り分け」機能が利用できます。
その他の機能は通常版と同じです。
クラウド対応自動印刷 Pro+ SVRPro+版のサーバー*対応版です。
監視フォルダーを23個設定できます。
「ファイルの振り分け」機能が利用できます。
機能は Pro+版と同じです。
*Windows Server 2019/2016/2012 対応
クラウド対応自動印刷の応用例(多数の実績があります。)
例えばファイル名が C で始まるファイルはカラープリンターに、M で始まるファイルはモノクロレーザープリンターに自動的にリアルタイムに振り分けて印刷する。
Ver.6.6エクセルのMacro(VBA)を使用し、BOOK全体を印刷する場合に
最初のシートが重複して印刷される不具合を修正しました。
監視ファイルをAcrobat Reader が同時開いた場合にエラーが正しく
表示されずに強制終了する不具合を修正しました。
(省略されました)

2020/03/28 ver 6.5

クラウド対応自動印刷 ProPro版。監視フォルダーを12個設定できます。
「ファイルの振り分け」機能が利用できます。
その他の機能は通常版と同じです。
クラウド対応自動印刷 Pro SVRPro版のサーバー*対応版です。
「ファイルの振り分け」機能が利用できます。
機能は Pro版と同じです。
「ファイルの振り分け」機能を利用し目的のプリンターに自動印刷することで印刷のRPA(Robot Process Automation)を構築し業務の自動化、省力化を実現する。
Google クラウドプリント(2020年12月で終了することが決まっています。)の代替ソルーションとして利用する。
Ver.6.564bit 版を公開しました。32bit版をインストールしている場合は
あらかじめアンインストールしてからインストールしてください。
クラウド対応自動印刷 Ver.6.5(64bit版)
クラウド対応自動印刷 Ver.6.4(32bit版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver6.5(64bit版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver6.4(32bit版)

2020/03/24 ver 6.4

「ファイルの振り分け」機能で名前別や拡張子別にフォルダーに振り分け、関連付けられたプリンターに印刷します。ファイルの振り分けルールには *や ?のワイルドカードを使用できます。(Pro版)New!
「ファイルの振り分け」機能で同じ振り分けルールを設定することで同じファイルを複数のプリンターに印刷できます。(Pro版)New!
Ver.6.4ファイル振り分けでファイルの移動状況をダイアログに表示するようにしました。
振り分けルールで同じパターンがあったら同じファイルを複数のプリンター印刷するようにしました。
Ver.6.3Adobe Acrobat Reader DC で印刷する場合の画面の表示回数を減らしました。
設定値のエクスポートとインポート機能を追加しました。その他不具合を修正。
フォルダー(yyyymmdd)に移動できるようになりました。
クラウド対応自動印刷 Ver.6.4
クラウド対応自動印刷Pro Ver6.4
クラウド対応自動印刷 SVR Ver.6.4
クラウド対応自動印刷Pro SVR Ver.6.4
購入する

2020/03/02 ver 6.3

「ファイルの振り分け」機能で名前別や拡張子別に自動的にフォルダーに振り分け、目的のプリンターに印刷できます。ファイル名には *や ?のワイルドカードを使用できます。(Pro版)New!
例:SumatraPDF(推奨)、Adobe Acrobat Reader DC、PDF-XChange Editor、Foxit reader など
Ver.6.3Adobe Acrobat Reader DC で印刷する場合の画面の開閉回数を減らしました。
設定値のエクスポートとインポート機能を追加しました。
クラウド対応自動印刷 Ver.6.3
クラウド対応自動印刷Pro Ver6.3
クラウド対応自動印刷 SVR Ver.6.3
クラウド対応自動印刷Pro SVR Ver.6.3
上記ソフトはすべてFree(無料)でダウンロードし、インストールができます。1回の起動で60分間使用できます。なお有料のライセンスキーを購入し登録することで無期限、無制限で使用できます。
複数セットの一括ご購入には数量割引があります。お問い合わせください。

2020/02/24 ver 6.2

Ver.6.2「ファイルの振り分け」機能でファイル名によって自動的に
目的のプリンターに印刷する機能を追加しました。 PDF印刷プログラムが Adobe Acrobat Reader DC の場合に
安定して効率良く動作するように改善しました。
クラウド対応自動印刷 Ver.6.2
クラウド対応自動印刷Pro Ver6.2

2020/02/21 ver 6.1

フォルダーをリアルタイムに監視しドロップされたPDFファイルや画像ファイルなどを自動的に印刷します。
フォルダーをリアルタイムに監視し、作成、コピー、移動(ドラッグ&ドロップ)されたファイルを指定されたプリンターに自動的に印刷します。VPNやLAN上の共有フォルダーも監視できます。
バッチファイルと組み合わせてファイルを名前別にフォルダーに振り分け、目的のプリンターに定期的に印刷できます(簡易版 Rule Based Printing)。 →コマンドライン バッチファイルの例 →PowerShell版スクリプトファイルの例
*Windows Server 2019/2016/2012/2008 R2 対応
Google クラウドプリント(2020年12月で終了することが決まっています。)の代替ソルーションとして使う。
Ver.6.1 印刷済みファイルを印刷済みフォルダー配下の日付別の
フォルダー(YYYYMMDD)に移動できるようになりました。
Ver.6.0エラーダイアログが表示される場合にもエラーメールを送信可能にしました。
Copyright(c) 2020 Bear Computing Co. All Rights Reserved.
Windows 10/ 8.1 対応
クラウド対応自動印刷 Ver.6.1
クラウド対応自動印刷Pro Ver6.1
Windows Server 2019/2016/2012 対応
クラウド対応自動印刷 SVR Ver.6.1
クラウド対応自動印刷Pro SVR Ver.6.1

2019/12/14 ver 5.9

バッチファイルと組み合わせてファイルを名前別にフォルダーに振り分け、目的のプリンターに定期的に自動印刷できます。 → バッチファイルの例
クラウドサービス Box を使い全国のテレビ局のプリンターに定期的に番組表データを紙で自動配信・印刷する。
ユーザーが設定したルール(例:ファイル名、拡張子、日付時刻など)で振り分ける)に従ってファイルをフォルダーに移動する DropIt と組み合わせて印刷のRPA(Robot Process Automation)を構築し業務の自動化、省力化を実現する。
Ver.5.9「PDFファイルのみ印刷」にチェックが入っていてEXCELファイルなど
PDFファイル以外が監視フォルダーに多数残っている場合にパフォーマンスが
低下する問題を改善しました。
クラウド対応自動印刷 Ver.5.9
クラウド対応自動印刷Pro Ver5.9
クラウド対応自動印刷 SVR Ver.5.9
クラウド対応自動印刷Pro SVR Ver.5.9

2019/12/04 ver 5.8

クラウド対応自動印刷 SVR通常版のサーバー*対応版です。機能は通常版と同じです。
VPNでフォルダーを共有しWAN経由で支店、支社のプリンターに無人で自動印刷し、運用コストの低い、高解像度カラーFAXとして運用する。 印刷結果は担当者にメールで通知する。
PDF自動変換サーバー・・・プリンターとしてPDF作成の仮想プリンターを指定し、タブレットやスマホ、PC などさまざまなデバイスのファイルやSCANファイルをリアルタイムに自動変換、PDFファイルとしてパソコンやサーバーのハードディスク上やクラウド上に保存する。
センターで作成・発行されたチケットを全国のコンビニの各店舗のプリンターで通信回線を介しダウンロードしオンデマンドで自動印刷する。
Ver.5.8テストプリントをタスクトレイから起動した場合に失敗する
不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷 Ver.5.8
クラウド対応自動印刷Pro Ver5.8
クラウド対応自動印刷 SVR Ver.5.8
クラウド対応自動印刷Pro SVR Ver.5.8