Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > 実用 > その他実用 ]

S icon   クラウド印刷 for Sync

詳細情報

タイトル クラウド印刷 for Sync
URL http://www.bear.co.jp/ja/cprint4dbox.htm
バージョン 3.8   3.7   3.6   3.5   3.4   3.3   3.2   3.1   3.0   2.9   2.8  
更新日 2018/09/13
追加日 2016/04/05
種別 フリーソフト
説明 タブレットやスマートフォンなどさまざまなデバイスからパソコンに接続されているプリンタに自動印刷するソフトウェア。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2018/09/13 ver 3.8

あらかじめプリンタごとに割り付け印刷や両面、モノクロ印刷など設定をしておけばドロップするフォルダーで印刷設定の切り替えできます。
Pro 版は最大12個までの監視フォルダーを設定できます。
タスクトレイに常駐しますが、イベント駆動のためポーリング方式のように待機中の負荷がかからず無駄な待ち時間もありません。
待機中のCPU使用率は 0% です。
クラウドサービスと連携し、遠隔地のプリンターへ無人で、しかもPCだけでなくスマホやタブレットからも印刷できます。
* Google ドライブが「バックアップと同期」に名称変更になりましたが問題なくご利用できます。
Ver.3.8 タスクトレイにアイコンを登録するタイムアウト時間を調整しました。
Pro版のダイアログ画面のフォントサイズを調整しました。
Windows 10/ 8/ 7 対応
クラウド対応自動印刷 Ver.3.8(通常版)
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.8
「クラウド対応自動印刷Pro」と「クラウド対応自動印刷」 は自由にダウンロードして試用(無期限)できます。
購入する
クラウド対応自動印刷

2018/09/04 ver 3.7

Ver.3.7Pro版の監視フォルダーの数をMax.6からMax.12に増やしました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.7
Pro版は複数の監視フォルダー(Max.12)が可能です。その他の機能は通常版と同じです
クラウド対応自動印刷 Ver.3.7(通常版)

2018/08/01 ver 3.6

Ver.3.6Pro版で間違ったプリンターに印刷される不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.6
クラウド対応自動印刷 Ver.3.6(通常版)

2018/07/27 ver 3.5

Ver.3.5Chromeで監視フォルダーにダウンロードしたファイルを直接印刷できるようにしました。
Ver.3.4起動時のウインドウ(スプラッシュウインドウ)を表示するようにしました。(エラーを修正しました。)

2018/06/28 ver 3.4

Ver.3.4起動時のウインドウ(スプラッシュウインドウ)を表示するようにしました。
Ver.3.3監視対象の除外ファイルに"temp"で始まるファイルを追加しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.4
クラウド対応自動印刷 Ver.3.4(通常版)

2018/06/27 ver 3.3

「クラウド対応自動印刷」 の販売好評に感謝し「Pro」版へのアップグレードキャンペーン実施中!
Ver.3.3監視対象の除外ファイルに"temp"で始まるファイルを追加しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.3
クラウド対応自動印刷 Ver.3.3(通常版)

2018/04/17 ver 3.2

Ver.3.2Pro版がログイン(スタートアップ)で自動起動しない不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.2
クラウド対応自動印刷 Ver.3.2(通常版)

2018/04/12 ver 3.1

Ver.3.1Pro版がログインで自動起動しない不具合を修正しました。
Ver.3.0監視フォルダーのファイルがドロップの後で削除された場合にエラーで
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.1
クラウド対応自動印刷 Ver.3.1(通常版)

2018/03/08 ver 3.0

Ver.3.0監視フォルダーのファイルがドロップの後で削除された場合にエラーで
印刷が中断しないようにしました。サイズの大きなPDFファイルでも印刷に失敗しないようにしました。
Ver.2.9BrotherのプリンターでPDFファイルの印刷に失敗する不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.0
クラウド対応自動印刷 Ver.3.0(通常版)

2018/02/12 ver 2.9

クラウド対応自動印刷
フォルダーを監視しドロップ(作成)されたファイルをプリンターに自動的に印刷します。
プリンターはメーカー、機種、接続方法を問いません。仮想プリンターでも動作します。
クラウド対応自動印刷の応用例(多数の実績があります。)
Google Drive、Microsoft OneDrive などのクラウドサービスを利用しインターネット経由で遠隔地のプリンターに無人で自動印刷する運用コストの低い、高解像度カラーFAXとして使うことができます。
PDF自動作成サーバ − プリンターとしてPDF作成の仮想プリンターを指定し、タブレットやスマホ、PC などさまざまなデバイスのファイルを自動変換、PDFファイルとしてパソコンのハードディスク上やクラウド上に保存する。(ファイル名を自動生成するPDF作成ソフトを利用します。)
Fuji Xerox の Docuworks Priner に自動印刷しDocuworks Deskに取りこむ。 あるいはPDF変換して自動保存する。
クラウドベースのセールスフォースアプリで印刷を自動化する。
Ver.2.9BrotherのプリンターでPDFファイルの印刷に失敗する不具合を修正しました。
Dropped のファイル数が正しくない不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.9
クラウド対応自動印刷 Ver.2.9(通常版)

2018/01/26 ver 2.8

クラウド対応自動印刷(旧名称:クラウド印刷 for Sync)
プリンターは Windows で動作するプリンターであればメーカー、機種を問いません。仮想プリンターでも動作します。
Fuji Xerox の Docuworks Priner に自動印刷しDocuworks Deskに取りこむ。 あるいはPDF変換して自動保存する。
Ver.2.8名前が .(ドット)で始まるファイルを印刷除外ファイルに追加しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.8
クラウド対応自動印刷 Ver.2.8(通常版)