Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > 実用 > その他実用 ]

S icon   クラウド印刷 for Sync

詳細情報

タイトル クラウド印刷 for Sync
URL http://www.bear.co.jp/ja/cprint4dbox.htm
バージョン 3.2   3.1   3.0   2.9   2.8   2.7   2.6   2.5   2.4   2.3   2.2  
更新日 2018/04/17
追加日 2016/04/05
種別 フリーソフト
説明 タブレットやスマートフォンなどさまざまなデバイスからパソコンに接続されているプリンタに自動印刷するソフトウェア。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2018/04/17 ver 3.2

Ver.3.2Pro版がログイン(スタートアップ)で自動起動しない不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.2
クラウド対応自動印刷 Ver.3.2(通常版)

2018/04/12 ver 3.1

Ver.3.1Pro版がログインで自動起動しない不具合を修正しました。
Ver.3.0監視フォルダーのファイルがドロップの後で削除された場合にエラーで
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.1
クラウド対応自動印刷 Ver.3.1(通常版)

2018/03/08 ver 3.0

Ver.3.0監視フォルダーのファイルがドロップの後で削除された場合にエラーで
印刷が中断しないようにしました。サイズの大きなPDFファイルでも印刷に失敗しないようにしました。
Ver.2.9BrotherのプリンターでPDFファイルの印刷に失敗する不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.3.0
クラウド対応自動印刷 Ver.3.0(通常版)

2018/02/12 ver 2.9

クラウド対応自動印刷
フォルダーを監視しドロップ(作成)されたファイルをプリンターに自動的に印刷します。
プリンターはメーカー、機種、接続方法を問いません。仮想プリンターでも動作します。
クラウド対応自動印刷の応用例(多数の実績があります。)
Google Drive、Microsoft OneDrive などのクラウドサービスを利用しインターネット経由で遠隔地のプリンターに無人で自動印刷する運用コストの低い、高解像度カラーFAXとして使うことができます。
PDF自動作成サーバ − プリンターとしてPDF作成の仮想プリンターを指定し、タブレットやスマホ、PC などさまざまなデバイスのファイルを自動変換、PDFファイルとしてパソコンのハードディスク上やクラウド上に保存する。(ファイル名を自動生成するPDF作成ソフトを利用します。)
Fuji Xerox の Docuworks Priner に自動印刷しDocuworks Deskに取りこむ。 あるいはPDF変換して自動保存する。
クラウドベースのセールスフォースアプリで印刷を自動化する。
Ver.2.9BrotherのプリンターでPDFファイルの印刷に失敗する不具合を修正しました。
Dropped のファイル数が正しくない不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.9
クラウド対応自動印刷 Ver.2.9(通常版)

2018/01/26 ver 2.8

クラウド対応自動印刷(旧名称:クラウド印刷 for Sync)
プリンターは Windows で動作するプリンターであればメーカー、機種を問いません。仮想プリンターでも動作します。
Fuji Xerox の Docuworks Priner に自動印刷しDocuworks Deskに取りこむ。 あるいはPDF変換して自動保存する。
Ver.2.8名前が .(ドット)で始まるファイルを印刷除外ファイルに追加しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.8
クラウド対応自動印刷 Ver.2.8(通常版)

2017/11/29 ver 2.7

Ver.2.7Adobe Acrobat Pro DC で印刷ができない不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.7
クラウド対応自動印刷 Ver.2.7(通常版)

2017/11/28 ver 2.6

Ver.2.6Adobe Acrobat Pro DC で印刷ができない不具合を修正しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.6
クラウド対応自動印刷 Ver.2.6(通常版)

2017/11/11 ver 2.5

Ver.2.5試用期間中に1回の起動で動作する時間を30分に拡大しました。
Ver.2.3設定ウインドウへのファイルのドラッグ&ドロップでも印刷できるようになりました。
PC起動時のスタートアップに登録/解除ができるようになりました。
ログファイルの保存先を"C:\ProgramData\CloudAutoPrint\Log"に変更しGoogleドライブとの競合を回避しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.5
クラウド対応自動印刷 Ver.2.5(通常版)

2017/10/23 ver 2.4

同一プリンターのコピーを複数作成する方法はこちらへ
* Google ドライブが「バックアップと同期」に変更になりましたが問題なくご利用できます。
Microsoft OneDrive などのクラウドサービスを利用しインターネット経由で遠隔地のプリンターに無人で印刷する運用コストの低い、高解像度カラーFAXとして使うことができます。
Ver.2.4Officeファイルの印刷でファイルが監視フォルダーに残る不具合を修正しました。
Ver.2.3設定ウインドウへのファイルのドラッグ&ドロップでも印刷できるようになりました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.4
クラウド対応自動印刷 Ver.2.4(通常版)

2017/09/23 ver 2.3

Ver.2.3設定ウインドウへのファイルのドラッグ&ドロップでも印刷できるようになりました。
PC起動時のスタートアップに登録/解除ができるようになりました。
ログファイルの保存先を"C:\ProgramData\CloudAutoPrint\Log"に変更しGoogleドライブとの競合を回避しました。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.3
クラウド対応自動印刷 Ver.2.3(通常版)
弊社のソフトウエアはすべて COMODO社の認証によるデジタル署名がなされており
安心してダウンロード、インストールができます。
->警告が出た場合の対処方法

2017/09/10 ver 2.2

Ver.2.2ログファイルのON/OFFができるようになりました。
Google ドライブで Runtime Error! が出る場合はログファイルの
チェックを外すことで回避できます。
クラウド対応自動印刷Pro Ver.2.2
クラウド対応自動印刷 Ver.2.2(通常版)