どうぶつの森ポケットキャンプが人気すぎて3DS版どうぶつの森の売上が加速

IMG 2910

任天堂は11月21日、iOS版ゲーム「どうぶつの森ポケットキャンプ」の配信を開始しました。「どうぶつの森」はじめてのスマホゲームとして1週間で1500万ダウンロードを記録するなど、世界的な人気を集めているなか、その人気が3DS版「とびだせどうぶつの森」の売上にも好影響を与えているようです(TouchArcade)。

ゲーム関連の調査会社メディアクリエイトが発表した2017年11月20日~11月26日期のコンシューマソフト週間ランキングでは、3DS版「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」の売上が、10,806本で9位となっていることが分かりました。1週間前の2017年11月13日~11月19日のランキングでは、3,444本で19位だったので、大きく順位を上げていることがわかります。

スマホ版はいつでもプレイできる気軽さが魅力ですが、3DS版の自由さはなくなっているような気もします。3DS版の真の後継となるSwitch版「どうぶつの森」の開発は進んでいるのでしょうか。あわせて気になるところです。

スポンサーリンク