サッカー日本代表苦戦の理由が一目でわかる「2014 FIFA World Cup」のVisualization

Visualization 1

現在絶賛開催中の「2014 FIFA World Cup」に出場している各国選手の、体重、身長、年齢を可視化したグラフ「Visualization of age, height and weight of players in the 2014 FIFA World Cup」が公開されています(Hacker News)。

なんとなく感覚的にこの国はでかそうとか、小さそうとかイメージはありましたが、グラフ化されたものを改めてじっくりと眺めてみると、新しい発見がありました。

ドイツでけえ

このグラフによると身長1位は好調を維持しているドイツ。2位にボスニア・ヘルツェゴビナ、3位にベルギーが続いています(フィジカルがうりのギリシャは意外にも5位)。体重ランク1位もドイツでした。

Visualization 2

ドイツはゲルマン魂だけでなく、フィジカル面でも優位なことがわかりますね。

日本パワープレーは無理ゲーか

対して日本は身長で下から2番目、体重ではなんと一番軽い国ということが判明。

Japan

↑身長では下から2番目。

Visualization 3

↑体重ではなんと一番軽い国に。

もちろん体重、身長データはひとつの要因でしかありませんが、体格的には、パワープレーを挑むのに無理があったといえるのかもしれません。

ちなみにグラフのドットにマウスオーバーすると選手個人の体重や身長が確認できておもしろいです(日本チームにいる飛び抜けて軽い選手はだれでしょう)。

残念ながら日本代表はグループリーグを突破できませんでしたが、ブラジルワールドカップはこれからが本番です。決勝リーグも良い試合を期待したいと思います。

スポンサーリンク