Bitcoinの作者は京都大学の望月新一教授?

いま注目の仮想通貨システムBitcoinの作者が京都大学の望月新一教授ではないかと、テッド・ネルソンが主張しているそうです(Market Hack)。テッド・ネルソンといえばアメリカの社会学者・コンピューター学者で「ハイパーテキスト」という言葉を生み出した事で有名。作者とされた望月新一教授は、数学者としてABC予想を証明する論文を発表した天才です。

といっても証拠が示されているわけではないのでほんとかどうかはわからないんですけど。

そもそもなぜこれがニュースになるの?

Wikipediaによると、「Bitcoinは2009年に作られた電子マネーである。中本哲史(サトシ・ナカモト)という正体不明の人物による論文に基づいている」と説明されています。Bitcoinの論文にも、確かに中本哲史と署名がありますが、これがどうやら偽名というもっぱらの噂なんですよね。偽名どころか実在するかどうか疑われているらしく、いまだに正体不明ということです。

これほど有名な仮想通貨システムの作者が正体不明というの不思議な話ですね。

そもそもBitconってなによ?

とりあえずめぼしいところをリンクしますが…。

少しあさったみただけじゃ正直よくわからないですね(汗。コンピューターを演算させて、Bitcoinを採掘することができるのはおもしろいと思いました(電気代のほうがかかるらしいけど)。

実際に使ってみないとわからないこともあると思うので、時間ができたらクライアントをインストールしようと思いまうす。

スポンサーリンク