B-CASカードを提供し「激裏情報」の運営者逮捕

Monitor

B-CASカードを改造できる不正なプログラムをインターネット上で提供したとして、「激裏情報」の管理者が逮捕されたそうです(47NEWS)。「激裏情報」という名前なんとなくなつかしい感じがしましたが、1996年から続いている老舗サイトみたいです。現在サイトは停止されたのか開くことができませんでした。

同課によると、本堂容疑者は1996年から、違法行為などの情報を有料会員に提供するサイト「激裏情報」を実質的に運営。情報は自殺や殺人、万引の方法、爆弾の作り方など多岐にわたり、会員は年1万円、臨時の会員は1件500円で情報を購入でき、約5千人が会員登録している。

なんと年会費1万円で、5000人が会員しているそうなので、1万円x5000=5000万円も収入があったのでしょうか(驚

スポンサーリンク